「ストレスに強い脳」を作るには栄養不足は禁物!栄養を摂取しよう!

現代人とストレスは切っても切れない関係で、ストレスを日々多く感じている人も多いと思います。

 

ストレスが溜まってしまうと免疫力や抵抗力が低下し、心身共に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 

最近ではストレスを受け流す方法や、ストレス解消法などもTVや書籍で多く取り扱われていて、ストレスとの付き合い方が多く紹介されていますが、実はあることを普段から気をつけることでストレスに強い脳やカラダを作れる事が期待できるんです!

 

そのあることとは「栄養摂取」なんです。

 

確かに、テクニックや趣味によってストレスを付き合うのは大切な事ですが、しっかりした栄養摂取によってストレスに強い脳やカラダを作るのもとても大切なことなのです。

 


ストレスに強くなるためには栄養摂取がとても重要!


ストレスに強くなるには、健康な脳やカラダが必要ですが、その脳とカラダを作るのには栄養素の摂取が欠かせません。

 

ストレスに強い人は食事や栄養摂取がしっかりしているため脳に栄養がゆき届いていますが、逆に弱い人は、食生活が不規則で栄養摂取がしっかりされていないため、栄養が脳にゆき届いていない可能性が多いです。

 

ストレスを受けると、脳やカラダの栄養素がガンガン消費されますので、ストレス社会を生きる現代人は栄養不足になる可能性も多くなってきます。

 

栄養不足になると、さらにストレスに弱くなったり、抵抗力が低下してさまざまな病気を引き起こします。

また、うつ病などの心の病にも繋がるので注意が必要になります。

 

 


ストレスに強い脳と弱い脳の違いとは??


人間の脳の中では、「ドーパミン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」と言われる神経伝達物質がバランスを保ちながら感情のコントロールに働いています。

 

どれかが過剰になっても、また不足しても人間の感情は不安定になり、脳やカラダに影響が及びます。

 

ストレスが溜まることによって、大脳がストレスを感じ、興奮させる神経伝達物質が優位に立ってしまうので、脳やカラダへの負担が大きくなりストレスと上手く向き合えなくなってきます。

 

簡単に言ってしまえば、栄養をしっかり摂取して、神経伝達物質のバランスを均等に保つことが出来れば、ストレスに強い脳を作ることが可能になります。

逆にそれらができないと、ストレスに弱い脳になる確率が大きくなってしまいます。

 

 

ストレスを感じている脳は、大量のたんぱく質やビタミン・ミネラルといった栄養素を消費していますので、日々の生活でそれらをしっかりと補充することが「ストレスに強い脳」を作る鍵になります。


ストレスが溜まることによって失われる栄養素


・たんぱく質

たんぱく質は脳やカラダを作る原料になりますが、実は神経伝達物質やそれをキャッチする受容体の原材料にもなっているんです。

 

たんぱく質の摂取量は戦後には増えましたが、ここ数年で急激に減少しているようです。

 

たんぱく質が不足するとカラダはもちろんのこと、脳や精神にも大きな影響を及ぼしますので、ストレスに弱い方やストレスに強くなりたいと思っている方は積極的に摂取するといいでしょう。

 

プロテインで摂取すると効率よくたんぱく質が摂取できますので、おすすめです。

 

⇒どのプロテインがいいのか検証

 

・ビタミン、ミネラル

ビタミンはタンパク質や糖質、脂質の代謝を助け、脳やカラダが正常に働く為に働きます。

また、脳やカラダの老化を促進させる活性酸素の除去や、精神を落ち着かせるホルモンの生成に、脳細胞の活性化にも働きますので、ストレスに強い脳を作るのには欠かせません。

 

⇒幸せホルモン「セロトニン」を増やすには??

 

ミネラルは神経や筋肉を機能させるために必要で、ホルモンの生成に必要な酵素の原料になったり、補酵素としても働きます。

抗ストレス物質の原料になったり、神経の興奮を沈める働きもあるので、ストレスに強い脳作りにはとても大切です。

ミネラルが不足しているとビタミンがスムーズに働かないため、ミネラルは不足しないようにすることを意識しましょう!

 

⇒ビタミン、ミネラルの不足とうつ病の関係

 

 


ストレスが溜まっている時に控えたいもの


ストレスが過剰に溜まっている時に気を付けたいのが、カフェインやアルコール、糖質や塩分の過剰摂取や喫煙です。

 

ストレスを感じるとついつい摂取してしまいがちなものですが、これらの過剰摂取はビタミンやミネラルの消費を爆発的に早めます。

一時的に気持ちがスッキリしても、ストレスに対抗する栄養素が足りなくなっているため、悪循環に繋がります。

全てを我慢する必要はありませんが、自分で自分をコントロールし、過剰摂取に気を付けながら楽しむことが大切です。

その後のビタミン、ミネラルの摂取もしっかりとしましょう!

 


まとめ


以上、ストレスに強い脳と弱い脳についてご紹介しまいた。

 

ストレスが多い現代社会を生きるにはストレスに強い脳が必要です。

 

上述したように、ストレスに負けない脳を作るためには、栄養の摂取欠かせませんので、暴飲暴食を避け、バランスのとれた食生活や栄養摂取を心がけることが大切です。

 

栄養素はカラダに長く留まらないものも多いため、サプリメントなどを上手に使用して、栄養素をカラダに常に満たしておき、ストレスに打ち勝っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です