きつい体臭は栄養不足が原因の可能性も!?

体臭って気になりますよね。

暑い時期になると汗もたくさんかくし尚更気を使います。

 

デオドラントシートやスプレーで手軽にケアできますが、

これらは一時的な対処にしかならず、時間の経過とともに元に戻ってしまいます。

なので、体臭の軽減には原因を元から改善していく必要があります。

 

体臭がきつくなる理由は生活習慣やストレス、老化、病気など様々なものがありますが、

栄養不足や栄養の偏りも体臭がきつくなる原因の1つです。

 

 

過度のダイエットと体臭


最近では痩せ願望の上昇から過度のダイエットをする方が多いです。

 

過度の食事制限によって炭水化物やたんぱく質が不足すると、

体内の中性脂肪を脂肪酸に分解して、エネルギーとして使用しようとします。

 

しかし、食事制限でのダイエットは代謝が低下していることが多く、

脂肪酸の燃焼がスムーズにおこなわれません。

 

余分な脂肪酸は血中に溶け出し、汗とともに体外に排出され、

脂臭い体臭を発生させます。

 

また、長期間の基礎代謝の低下が続くと、

カラダの血の巡りが悪化し酸素が全身に供給されなくなります。

 

それによって解糖系という方法でエネルギーの生成が行われます。

解糖系を利用すると体内で乳酸が生成されアンモニアを分泌させます。

このアンモニアも汗とともに排出されアンモニア臭を発生させます。

 

さらに過度なダイエットが続くと糖が欠乏し飢餓状態に陥ります。

すると皮下脂肪から脂肪酸を遊離させエネルギーを作り出そうとしますが、

糖不足によりエネルギー生成がスムーズにおこなわれません。

 

遊離した脂肪酸は肝臓でケトン体となり血液に乗って体内を循環します。

これにより口臭や体臭が甘酸っぱい臭いになり異臭を発します。

ケトン体の増加は血液を酸性にしてしまうため体調の悪化にも繋がります。

 

 

貧血も体臭の引き金に!?


女性に多い貧血は鉄やビタミンB群などの、

栄養不足によって引き起こされます。

 

ビタミンやミネラルが不足するとカラダの隅々まで酸素が行き渡らず、

解糖系を利用してのエネルギー生成が始まります。

先ほどもお伝えしたように解糖系の利用によって、

乳酸が作り出されアンモニアの分泌が始まり、体臭へと繋がります。

 

また、酸素がカラダに足りないときは血漿成分(血液から血球を取り除いた液体成分)が

汗の中に大量に混ざり、汗の臭をきついものにしてしまいます。

そして汗をかくと、鉄も排出されてしまい貧血の悪化に繋がり、

まさに悪循環に陥りますので女性の鉄不足は注意が必要です。

 

貧血の改善には鉄やビタミンB群の意識的な摂取が大切ですが、

体内に取り入れた栄養素を守るといった対策も重要になってきます。

 

そのためには大豆イソフラボンの摂取が効果的とされています。

大豆イソフラボンには体内から鉄を排出しないようにする作用があるため、

体臭や貧血の予防には効果的な成分と言えます。

 

⇒大豆イソフラボンの効果

 

ただ、未発酵の大豆製品にはミネラルの吸収を阻害する「フィチン酸」が含まれているので、

納豆や味噌など発酵食品やサプリメントから摂取するのがおすすめです。

 

亜鉛とビタミンB6が排出されるピロルリアとは??


亜鉛とビタミンB6が体外に排出されやすくなる「ピロルリア」という病気があります。

 

ピロルリアにかかると慢性的な栄養不足に陥るため、

過度な食事制限ダイエット同様に代謝の悪化や血行不良を起こし体臭を発生させます。

 

またピロルリアは尿の中に、

ピロール」と呼ばれる異臭がする物資を大量に出すことも特徴で、

きつい体臭の要因になると言われています。

 

ピロルリアに関しては不明な点が多く、

原因や治療法は解明されていない厄介な病気です。

 

仮説の病気とも言われていますが、

こちらもきつい体臭の原因になりうるものですので、

念のため頭の片隅に入れておいてもいいですね。

 

 

まとめ


上記のように栄養不足や栄養の偏りによっても体臭が引き起こされます。

 

また栄養不足によってカラダの代謝が下がれば免疫力も低下し、

ピロルリアなどの病気にもかかりやすくなるため注意が必要です。

 

とくにビタミンやミネラル類が不足すると代謝がどんどん低下するので、

日頃からのバランスの良い食生活を心がけることが大切です。

 

その際、全ての栄養素を毎日摂取するのが難しいので、

足りない分はサプリメントを上手に使用して補ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です