すっぴんをきれいにするには??肝臓と腸の健康が美肌を作る!!

透き通ったモチモチの肌は女性なら誰でも憧れますよね。

 

しかし、現実は理想とは裏腹に、化粧を落として自分のすっぴんを鏡で見て、ため息が出てしまったという人も実際少なくないと思います。

 

肌に良いとされる美容液も使ってもイマイチ効果が実感出来ない人はもしかして内蔵が栄養不足になっているかもしれません。

 

実は、美肌を作りすっぴんを魅力的なものにするには、肝臓と腸の健康が重要なものになっており、影響が大きいとされています。

 

そこで今回は、肌を美肌にして、綺麗なすっぴんをつくるための肝臓と腸の役割についてご紹介していきたいと思います!

 

 


綺麗な美肌を作るための肝臓と腸の役割とは??


カラダの健康は内臓からとよく言われるように、内蔵の健康はカラダ全体に影響を及ぼし、肌も例外ではありません。

 

その内蔵の中でも、美肌に関係するのが「肝臓」と「」と言われており、美肌を作るためにとても重要なものになります。

 

 

肝臓と美肌の関係


肝臓の大きな働きの中に「エネルギー代謝」と「老廃物の回収、分解や排泄」などがあります。

 

この2つの働きが低下すると、美肌を作るのに必要な「線維芽細胞」に影響を与えてしまいます。

 

エネルギー代謝機能が低下すると、脂質の代謝がスムーズにおこなえなくなり、皮脂腺からの「皮脂の過剰分泌」を招く原因になります。

 

また、たんぱく質から作られる、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」といった3大美肌成分の合成や代謝活動の低下の引き金になります。

 

老廃物の回収、分解や排泄の機能が低下すると、線維芽細胞のに老廃物が溜まってしまい、3大美肌成分の生成低下や吹き出物、シワ、シミ、クマといった肌ドラブルの原因になってしまう可能性があります。

 

肝臓の機能を向上させるには規則正しい生活と、栄養素の摂取が欠かせません。

 

⇒肝臓機能の低下を予防、改善するために摂取したい栄養素とは??

 

 

腸と美肌の関係


腸の主な役割には「栄養素の吸収と排泄」「免疫機能の向上や維持」「自律神経やホルモンの調整」「ビタミンの合成」「老廃物の排泄」などがあり、どれも美肌を作る上で欠かせない働きです。

 

肌の健康には、たんぱく質、ビタミン、ミネラルといった栄養素の摂取が重要になりますが、腸はこれらの栄養素を吸収する大事な臓器です。

 

また、肌を活性酸素や紫外線、ウイルスから守るための免疫細胞の7割が腸で作られており、肌の保護に働いています。

 

ただ、腸内環境しっかり整っていないと腸の働きは鈍くなります。

腸内環境が乱れ、悪玉菌が増殖してしまうと、腸内腐敗や老廃物の滞留が起こり、肌トラブルのとなります。

 

腸内環境を整えるには、規則正しい生活と善玉菌を増やす食事や栄養摂取が必要になります。

 

普段の食事に「玉ねぎヨーグルト」をプラスすると腸良いそうですよ!

 

⇒TV「得する人損する人」で井上咲楽さんがチャレンジした「玉ねぎヨーグルトダイエット」の効果とは??

 

 


美肌に効果的な栄養素とは??


・たんぱく質


美肌に必要な3大美肌成分の「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」はたんぱく質を原料として作られます。

 

たんぱく質が不足すると、これらの成分が減少し、肌の老化を進行させてしまいます。

 

ただ、たんぱく質といっても、美肌に必要なのは「良質なたんぱく質」です。

 

ここで言う良質なたんぱく質とは低脂肪であることや、体内で合成されないアミノ酸が含まれるものです。

 

脂が多いたんぱく質を過剰に摂取してしまうと皮脂の過剰分泌を引き起こす原因になる可能性があります。

 

 

・ビタミン


ビタミンA、C、Eは「ビタミンACE(エース)」と呼ばれ、強い抗酸化作用を発揮します。

 

強力な抗酸化作用によって、肌を老化させる活性酸素を除去し、綺麗な肌を守ります。

また、免疫機能の向上や、血流をスムーズにし新陳代謝の活性化という効果も期待できます。

 

とくにビタミンCは3大美肌成分の生成に関与していますのでこまめに摂取するといいでしょう!

 

ビタミンB群は糖質、脂質、たんぱく質といった栄養素の代謝に必要で、不足していると肌のターンオーバーがスムーズにおこなわれなくなり、肌トラブルの原因になりますのでこちらもこまめに摂取するのがおすすめです。

 

・ミネラル


ミネラルには、エネルギー代謝に必要な酵素の原料になったり、その酵素をサポートする補酵素の働きをするものが多く存在します。

 

ミネラルはどれも大切な働きをしますが、とくに美肌に欠かせないのが「亜鉛」です。

 

というのも、亜鉛はたんぱく質の代謝にとても重要な働きをしており、3大美肌成分の生成促進させる有効成分なんです。

 

また、細胞の入れ替えを促進し、綺麗な肌を作るのに期待できます。

 

 

・食物繊維


食物繊維は腸内環境を整えるためにとても重要な働きをします。

 

食物繊維を摂取することにより、有毒ガスや老廃物を排出しやすくし、腸内腐敗の防止に働き、吹き出物や肌荒れの予防、改善に効果が期待できます。

 

また、善玉菌のエサにもなり、腸内環境を良くし、栄養素の吸収率を上げる効果も期待できますので、美肌には欠かせません。

 

 


まとめ


普段から化粧で補ったり、ケアしたりすることももちろん大切ですが、すっぴんが肌荒れしていたり、老化が進んでいたらとても悲しくなりますよね。

 

美肌を手に入れ、可愛いすっぴんになるには、外側のケアの他に、食事や栄養素の摂取によっての内側からのケアも合わせておこなっていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です