ニキビが気になる・・・。ニキビ改善に有効な栄養素を摂取しょう!

思春期や疲れている時にできやすい「ニキビ」は、

やはり気になってしまいますよね。

ニキビの対策としては様々な方法があり試されている方も多いと思います。

 

色々試したけれど改善しない・・・。

そう思われている方は、ニキビの改善に有効とされる栄養素を摂取してみてはいかがでしょうか。

ニキビ改善に有効とされる栄養素


・ビタミンA

皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあります。

肌の新陳代謝を促し、肌の乾燥や毛穴のつまりを防ぎ、

肌の免疫機能を高めるためニキビ菌の繁殖を抑える働きが期待できます。

 

また、活性酸素を除去して、肌の老化の防止や免疫機能の低下を防ぎます。

 

・ビタミンB2

ビタミンB2は脂質の代謝に働く栄養素です。

脂質の代謝がスムーズに行われることによって、

過剰な皮脂分泌を抑制してくれる働きがあるので、

ギトギト脂性の人は意識的に摂取したい栄養素です。

 

・ビタミンB6

ビタミンB6は肌の新陳代謝を促し、健康な肌を保つのに働きます。

ビタミンB2とともに皮脂の分泌も抑制してくれます。

 

また、ビタミンB6は幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の生成に欠かせない栄養素です。

セロトニンは精神を安定させて、イライラやうつ病の予防に効果的なホルモンで、

ストレスからくる肌荒れの予防や改善に期待できます。

 

⇒セロトニン意図的に増やすには

 

セロトニンの合成量が上がると

、睡眠ホルモンの「メラトニン」の量も増えることが分かっており、

睡眠障害からくる免疫機能の低下や肌荒れを防ぎます。

 

・ビタミンC

ビタミンCは紫外線やストレスから発生する活性酸素の除去に働き、

皮膚や血管の老化を防ぎ、肌環境を正常に保ってくれます。

また、コラーゲンの生成を促進し、メラニンの生成を抑制する為、

美肌には欠かせない栄養素です。

 

・ビタミンE

高い抗酸化作用と毛細血管を拡張する作用が特徴のビタミンEを摂取することによって、

栄養素をカラダの隅々まで送り、新陳代謝を促します。

 

ビタミンEは、ビタミンA、ビタミンCと一緒に摂取すると互いに作用を高めると言われています。

 

ただサプリメントでの過剰摂取はニキビを悪化させる恐れがあるとも言われていますので、

サプリで摂取する場合は、食事とのバランスを見極めて摂取することが必要ようです。

 

・カルシウムやマグネシウム

骨や歯の形成に必要な栄養素で有名ですが、

ホルモンバランスの調整や、肌の新陳代謝を促す働きがあります。

 

とくにマグネシウムは様々な酵素の働きに関与している栄養素であるため、

不足すると代謝や免疫機能に悪影響を及ぼします。

カルシウムとマグネシウムは2:1の割合で摂取することが大切です。

 

カルシウム&マグネシウム 上手く摂取する方法

 

 

腸内環境を整えることも大切


上記の栄養素をスムーズに吸収するには腸内環境が整っていないといけません。

 

また、免疫細胞の約70%が腸に集中しています。

そのため、菌やウイルスの皮膚への定着を防ぐには、腸内環境を整え、

免疫機能をあげることが大切です。

 

腸内環境を整えるには乳酸菌やビフィズス菌の意識的な摂取が必要です。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌だけでは、腸を活発にするのは難しいと言われていますので、

サプリメントで摂取するのが効果的、効率的です。

【ピュアラクトEX16】 には3兆個の乳酸菌が入っていますのでおすすです。

 

 

まとめ


ニキビの対策には、洗顔や塗り薬といった対処が一般的に知られていますが、

大元の体内から見直していかなければ、結局は元の木阿弥、意味をなしません。

 

ですので、外側のケアと並行して内側のケアもしていくことも大切で、

そのためには、食生活をバランスの良いものにしていく必要があります。

 

とくに上記でご紹介した栄養素が不足している可能性がありますので、

過不足がないように意識的に摂取していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です