ビタミンと似た働きをする「ビタミン様物質」ってなに??

現在ビタミンとして認められているのは「13種類のビタミン」ですが、

この13種類のほかにビタミンではないが「ビタミンのような」働きや、

ビタミン自体の働きをサポートする物質があります。

 

その物資は「ビタミン様物質(びたみんようぶっしつ)」と呼ばれ、

欠乏症がなかったりカラダで合成できるものとして知られています。

 

今回はそのビタミン様物質についてご紹介していきたいと思います。

 

 

ビタミン様物質とは??


ビタミンのような働きがあるのにビタミンではない。

なんかまどろっこしいですね。(笑)

 

ビタミンとビタミン様物質は欠乏症があらわれるかどうかで区別されており、

不足した際に欠乏症あらわれるものがビタミンで、ビタミン様物質は欠乏症がありません。

 

最近ではビタミン様物質がもつ健康への作用が認められ、

医薬品として使用されていたり、サプリメントや健康食品にも利用されています。

 

ではビタミン様物質にはどんなものがあるのか、

サラリとみていきたいと思います。

 

 

ビタミン様物質の種類と働きは??


・コエンザイムQ10(ユビキノンまたはビタミンQ)

脂溶性のビタミン様物質で強い抗酸化作用があります。

免疫細胞や白血球の働きを促進したり糖質の代謝を促すことから、

脳出血や糖尿病の医薬品としても使用されています。

 

 

 

・カルニチン(ビタミンTまたはL-カルニチン)

脂質の代謝にかかわるビタミン様物質で、肉類や魚類の動物性食品に多く含まれています。

必須アミノ酸である「リジン」と「メチオニン」から生成され体内でもつくられています。

脂質が分解されると脂肪酸になりますが、

カルニチンは脂肪酸をエネルギー化する際に使用されます。

 

 

 

・オロット酸(ビタミンB13)

小麦麦芽や根菜類、ビール酵母などに含まれていています。

葉酸やビタミンB12の代謝に関与しており抗酸化作用の手助けをします。

また脂肪肝などの予防にも期待されています。

 

 

 

・パンガミン酸(ビタミンB15)

抗酸化作用や肝機能の改善、心疾患に効果が期待されています。

カボチャの種、ごま、ビール酵母に含まれています。

 

 

 

・リポ酸(α-リポ酸)

ビール酵母やレバー、ブロッコリーやトマトに含まれ、

肝機能を高める働きがあります。

糖質の代謝にも補酵素として働きます。

 

 

・イノシトール

細胞膜を構成する「リン脂質」の材料になる成分です。

脂肪の移動をスムーズにすることから、

脂肪肝や動脈硬化の予防に働きます。

また神経を正常に保つ働きがあるため、

パニック症候群やうつ病にも効果があるのではないかと言われています。

 

 

 

・パラアミノ安息香酸(PABA)

レバーや卵、ビール酵母、玄米などに含まれており、

髪の毛や皮膚の健康に作用します。

またパトンテン酸の吸収の促進にも関与します。

 

 

 

・アミグダリン

あんずやプラム、桃の種、びわの葉に含まれ、

ガンの抑制に効果があるといわれ「ビタミンB17」と扱われた時がありました。

反対に抗ガンに効果がなく、中毒により死亡する恐れがあるとも言われています。

サプリメントに配合されている場合があるため、

摂取する際は細心の注意が必要とされています。

 

 

 

・バイオフラボノイド(ビタミンP)

毛細血管の強化に働き、強い抗酸化作用があります。

また血圧を下げる作用もあるため、高血圧の予防にも働ます。

ビタミンCと一緒に摂取すると良いとされています。

 

 

 

・ビタミンF(γ-リノレン酸、アラキドン酸)

免疫機能の強化に作用します。

また血圧やコレステロールの低下に働き、

動脈硬化や脂質異常症の予防に繋がります。

過剰摂取すると動脈硬化、高血圧、アトピー性皮膚炎を

招く恐れがあるとされていますので注意が必要です。

 

 

 

・コリン

「アセチルコリン」や「レシチン」という物質の材料になり、

高血圧や動脈硬化の予防に期待できます。

また脳神経細胞の働きにもかかわり記憶形成のサポートにも働きます。

卵や牛乳、肉類に含まれています。

 

 

 

・キャベジン(ビタミンU)

キャベツから発見されたことでキャベジンと呼ばれます。

粘膜の新陳代謝を促したり、潰瘍組織の修復に働きます。

また胃酸の過剰分泌を抑え、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防します。

キャベツや青のり、卵や牛乳に含まれます。

 

 

まとめ


ビタミン様物質には様々な働きがありますね。

 

またビタミンと似ている作用がたくさんあるほか、

ビタミンのサポートにも一役かっています。

 

健康作用があるのでパランスの良い食事とともに、

足りない分はサプリメントや健康食品で補うのおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です