ビタミンCの働きを助ける「バイオフラボノイド(ビタミンP)」とは??

ビタミンCはコラーゲンの合成や抗酸化作用、免疫機能の強化など、

ヒトへの健康作用が多いビタミンですよね。

 

ビタミンCは長く人体に留まらないで排出されるので、

食事ごとに小まめな摂取が大切とされています。

 

ビタミンCについてはコチラ

 

せっかく摂取したビタミンCが体内できちんと働いてくれる前に

体外に排出されたらちょっと悲しいですよね。(涙)

 

今回はそんなビタミンCの働きを助け、

体内でのビタミンCのパフォーマンス向上に働く、

バイオフラボノイド」をご紹介します。

 

 バイオフラボノイドとは??


バイオフラボノイドはビタミンに似た働きをする物質である

ビタミン様物質」の一つで、「ビタミンP」とも呼ばれています。

 

 

バイオフラボノイドには種類があり、そばに多く含まれる「ルチン」や、

柑橘類に含まれる「へスぺリジン」、タマネギに含まれる「ケルセチン」などの

総称で、ポリフェノールを分類した際の一つです。

 

これらの物質は植物二次代謝産物として扱われており、「カテキン」や

イソフラボン」などもバイオフラボノイドの仲間です。

 

植物二次代謝産物は生命維持にはダイレクトにに関与しないが、

摂取することにより健康に作用する働きがあるとされています。

 

バイオフラボノイドの働きは??


バイオフラボノイドはカラダへの健康作用が大きいビタミンCのサポートに働きます。

 

ビタミンC は熱や空気に弱く壊れやすい性質がありますが、

バイオフラボノイドはビタミンCの酸化を防ぎ働きよくすることで、

ビタミンCの持続性を上げ、効果的かつ効率的な働きをサポートします。

 

またビタミンCには活性酸素を取り除く抗酸化作用があることは

有名ですが、なんとバイオフラボノイド自体にも強い抗酸化作用があり、

老化の抑制に作用してくれます。

 

そのほかでは毛細血管の浸透性を正常に保つ働きをし、

丈夫にしてくれます。

 

バイオフラボノイドやビタミンCが不足してくると、

少しカラダをぶつけただけで内出血を起こしたり

歯茎から出血しやすくなります。

 

このような症状がある方はバイオフラボノイドやビタミンCの

意識的な摂取がおすすめとなります。

 

そして毛細血管には酸素や栄養素を細胞や各組織に運ぶ役割がありますが、

毛細血管の壁から酸素や栄養素を通過させる際に浸透性が適度に

保たれている必要があります。

 

浸透性が高まると菌やウイルスが入りやすくなり、

病気のリスクが高まりますので注意が必要です。

バイオフラボノイドを含む食べ物は??


バイオフラボノイドを含む食べ物として、

レモンやミカン、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類や

蕎麦やトマト、アスパラガス、タマネギやお茶などに含まれています。

 

色々な食品に含まれているので摂取するのは難しくありませんね。

 

オレンジやミカンなどの柑橘類は薄皮に多くバイオフラボノイド含まれていて、

ビタミンCも同時に摂れるので非常に効率的です。

 

また水溶性のため過剰に摂った分は体外に排出されますので、

過剰症の心配はありません。安心して摂取してください。

 

 

まとめ


抗酸化作用が強いビタミンCの働きを助け、

自らも抗酸化作用をもつバイオフラボノイドは

老化の抑制に大きく働いてくれますね。

 

現在バイオフラボノイドはビタミンPとして

マルチビタミン系のサプリメントに配合されていることが多いです。

 

配合されていないものを使っている方は

一度配合されているものを選ぶことでお金も健康作用も効率的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です