乾燥肌は栄養不足が原因??乾燥肌の改善に良い栄養素を摂取しよう

肌の乾燥というと保湿や化粧品などの問題と考えがちで、実際それらで解決しようとしてしまいますが、実は普段摂取している食事や栄養素によって、乾燥肌を改善させたり悪化させる可能性があります。

 

今回は乾燥肌と栄養素の関係についてご紹介していきます。

 

 


乾燥肌と栄養素の関係


乾燥肌に悩む方のほとんどは、化粧水や美容液、保湿クリームなどの外側のケアを重視しがちです。

これらは即効性がありますし、もちろん乾燥肌には大事なケアでもありますが、実はそれだけではなく、カラダの内面からのケアも非常に重要なものと言われています。

 

というのも、暴飲暴食や偏った食事、過度の食事制限などによって、栄養の摂取が不足してしまうと、「代謝の悪化」や「体内環境の悪化」を引き起こします。

 

バランスのとれた食事や栄養素の摂取は昔から重要だと言われていますが、現代人の食生活はからり気を付けないとすぐに乱れてしまいがちです。

 

体内の栄養素のバランスが乱れて代謝機能が悪化してしまうと、肌のターンオーバーや肌表面を守る皮脂の分泌量が低下し乾燥肌へと繋がっていきます。

 

また、ストレスにも弱くなり、こちらも肌荒れや肌の乾燥を招くほか、栄養不足の冷え性から、血行不良や免疫細胞の低下に繋がり、こちらも肌質低下の原因となります。

 

化粧水や保湿クリームで一時的にケアしても、肌の基礎である内面が整っていないと、潤いが持続しなく効果も半減してしまいます。

 

このことから、肌の乾燥が気になる方はスキンケアだけではなく、食生活や栄養素の摂取から見直し内面から潤いを与えていくことが大切です。

 


乾燥肌によくないとされる食べ物や飲み物は控える


栄養素の摂取は非常に大切ですが、乾燥肌によくないとされる食べ物や飲み物を日頃から控えることも大切です。

 

これからご紹介する食べ物や飲み物を日頃から多く摂取していないかチェックしてみてください。

 

・ファストフード、コンビニ食品、スナック菓子など


ビタミンやミネラルが少なく、糖質や脂質、塩分が多いファストフードやコンビニ食品、スナック菓子を大量に摂り過ぎすと代謝の低下を招く恐れがあります。

また、糖分の摂り過ぎによって「糖化」という現象が起き、肌の老化を招きます。

 

⇒糖質の摂り過ぎは病気や健康トラブルの元になる!?

 

これらのものは現代に溢れており、いつでも気軽に食べれるため、ついつい食べ過ぎてしまう傾向がありますが、肌の潤いのためと腹をくくり控えるといいでしょう。

 

ただ、まるっきり我慢するとかえってストレスになるので、1週間に1度などと自分ルールを作って楽しむといいですね!

 

 

・コーヒー


コーヒーには多くのカフェインが含まれており、眠気覚ましややる気を出すために飲む機会が多いですが、実はカフェインにはカラダを冷やす働きがあります。

 

また、カフェインには利尿作用があり、沢山摂取すると必要以上にビタミンやミネラル、水分が体外に排出されてしまいます。

必要以上に排出されてしまうと栄養不足や水分不足によって肌の乾燥を招く恐れがあります。

 

カフェインには依存性があるとも言われており、ついつい飲みすぎてしまいますが、1日2杯までと決めるなど飲みすぎには注意する必要があります。

 

 

・冷たい飲み物やアイスクリーム


冷たいものの摂り過ぎは内蔵を冷やすため、代謝が低下して肌の乾燥を招く恐れがあります。

 

また、アイスや甘い飲み物は、代謝の際に体内のビタミンやミネラル大量に消費する為、栄養不足の引き金となり肌トラブルに繋がる可能性がありますので食べ過ぎには注意が必要です。

 


乾燥肌におすすめの栄養素


肌の乾燥にはどのような栄養素がいいのでしょうか。

ここでは、乾燥肌に良いとされる栄養素についてご紹介していきます。

 

・たんぱく質


たんぱく質は、筋肉や内臓の構成物質ですが、肌や髪の毛、爪などの主成分でもあります。

たんぱく質が不足していると当然ながら肌の代謝がうまくいきません。

 

肌細胞が健康でないと水分をうまく保持できないので乾燥肌を招きます。

肉や魚、卵などからたんぱく質を摂取するといいでしょう。

 

たんぱく質を効率的に摂取できるプロテインを活用するのもおすすめです。

 

⇒プロテインはどれがいいのか?

 

たんぱく質の摂取に運動も加えると筋肉が付きやすくなり、基礎代謝や体温が上昇する為、肌トラブル改善に期待できます。

 

・ビタミンA・C・E(エース)


ビタミンACE(エース)は抗酸化作用があるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの総称で、最近ではメディアでもよく取り上げられています。

 

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康に作用し、肌の潤いを保つ働きが、ビタミンCはメラニン色素の働きを抑えてシミ、ソバカスの発生を抑制し、コラーゲンの生成のサポートを、ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ強力な抗酸化作用と血行促進作用で美肌に効果が期待できます。

 

これらのビタミンは一緒に摂取することによって、お互いの働きを高めてくれますので、ビタミンの三銃士といったところでしょうか。

 

 

・ビタミンB群


ビタミンB群は肌のターンオーバーを正常に保ち、不足すると代謝が低下してターンオーバーが乱れます。

ビタミンB群の中でもビタミンB2とビタミンB6が肌の健康に関与していて、ニキビや肌荒れの治療にもたびたび処方されています。

 

ビタミンB群は水溶性で体内に留まらない性質を持つうえ、ストレスや加齢、運動や暴飲暴食でも大量に消費されるため、1日数回に分けて摂取することが大切です。

 

また、ビタミンB群もそれぞれが作用しあっているため、バランスよく摂取するといいでしょう。

 

 

・ミネラル


ビタミンも大切ですが、ミネラルも乾燥肌の改善にはかかせません。

 

とくに乾燥肌の改善に必要なのが、カルシウムや鉄、マグネシウムや亜鉛です。

 

骨や歯を強くする働きが有名なカルシウムですが、血液をアルカリ性にしてサラサラにする働きがあり、肌の代謝を活発にし乾燥肌の改善に期待できます。

 

鉄は貧血の予防で有名で、女性はよく不足しがちになるミネラルです。

鉄には酸素や栄養素をカラダのすみずみまで運ぶ働きがありますので、不足すると乾燥肌の原因になる可能性があります。しっかり摂取しましょう。

 

マグネシウムは、体内にある300種類以上もの酵素の働きや生成に関わっており、肌のターンオーバーに非常に重要な役割をします。

カルシウムとの関係が深いため、一緒に摂取するときはカルシウム2:マグネシウム1割合で摂取することが効果的です。

 

亜鉛も200種類以上の酵素の働きや生成に関わっており、肌の新陳代謝にかかせません。

また、コラーゲンの合成などにも必要な栄養素のため、美肌には必須栄養素です。

 

そもそもビタミンはミネラルがないと、スムーズに機能しないので、まずはミネラルが不足しないように意識的に摂取しましょう。

 


おすすめのサプリメント



アダム 男性用マルチビタミン&ミネラル タブレット


スペクトロ ウーマン(70種類以上の成分が凝縮 女性用マルチビタミン&ミネラル)

男性用と女性用ですがそれぞれに必要な成分がしっかり含まれています。

激しい運動などしていないければ1日1粒で十分なためコスパも良いのもおすすめポイントです。

 

 


まとめ


以上、乾燥肌に必要な栄養素についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

乾燥しやすい肌の方は、暴飲暴食を控え栄養素をしっかり摂取し、内面から改善していくことが大切です。

 

もちろん外側のケアも大切なので、内側と外側を合わせてしっかりと改善していってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です