体温をあげる栄養素を摂取して低体温からの抜け出そう!


低体温がカラダに及ぼす影響とは


現代人に多いとされている低体温はさまざまな病気や不調の引き金になります。

 

病気や不調は肩こりや頭痛、便秘や肌荒れといった身近な症状から、ガンといった重い病気まで色々なものが含まれており、たかが低体温などとは侮れないものになっています。

 

とくにガン細胞は体温が35℃になるともっとも活発になるといわれていて、実際にガン患者の多くは低体温の人が多いこともわかっています。

 

これは低体温によって、免疫力が低下するためで、体温が1℃低下すると体内免疫力が30%低下とも言われています。

 

免疫力の低下は、細菌やウィルスからカラダを守る力が低下することなので、風邪や食中毒、水虫やクラミジアなどといった感染症にかかりやすくなるうえ、ガン細胞の増殖にも繋がる可能性があります。

 

体温が下がるとなぜ免疫力が低下するのか


体温が下がると免疫力が低下するのにはいくつか理由があります。

 

まずは血管が収縮することでおこる血行不良です。

 

血行不良になると、血液中の免疫細胞や白血球、リンパ球などがうまく働けなくなり、体内に細菌やウィルスといった異物が侵入しても十分な免疫力が発揮できなくなります。

 

とくに運動不足や長時間同じ姿勢でいる方は血行不良になりやすいので、定期的なストレッチやウォーキングを取り入れてください。

 

 

そのほか代謝酵素の働きが落ちることも免疫力の低下に繋がります。

 

代謝の低下はズバリ、たんぱく質の摂取不足です。

 

たんぱく質は筋肉や臓器を作るのに必要な栄養素ですが、実は「酵素」や「免疫細胞」の主原料でもある重要な栄養素です。

 

酵素が作られないと新陳代謝が低下し、摂取した食事や栄養素をうまくエネルギーに変えられず、冷え性などの症状に繋がります。

 

また免疫細胞自体の生成も不足してくるため、必然的に免疫力や抵抗力が低してしまいます。

 

⇒免疫力や抵抗力を飛躍的に向上させる効果的で簡単な方法!

 

筋力の低下にも繋がるため、肥満や血行不良の悪循環にもなります。

 

血液促進や代謝に必要なたんぱく質やビタミン・ミネラルを摂取する


まず、たんぱく質をしっかり摂取しましょう!

 

現代人は炭水化物や脂質の摂取がとにかく多く、たんぱく質の摂取が十分でない場合が多いです。

 

糖質や脂質を意識的に控えて、たんぱく質を多めに摂取するように心がけるといいですね。

 

プロテインで摂取すると、コスト面や手軽さでも便利です。

 

⇒おすすめプロテイン

 

またビタミンやミネラルといった栄養素を摂取することも非常に重要です。

 

ビタミンやミネラルは代謝酵素が働く際に必要な補酵素の役目や、酵素自体の原料になるものもあります。

 

代謝がスムーズにおこなわれないと、エネルギーが生み出されず、血行不良や低体温の原因になってしまいます。

 

加工食品やファストフードにはビタミンやミネラルがあまり含まれていないため、それらを口にする機会が多い現代人はビタミンやミネラルが不足しがち。

 

また高カロリーの食事やデザートを代謝するのにもビタミンやミネラルが大量に消費されるため、隠れ栄養失調の人も増加傾向にあります

 

暴飲暴食を控え栄養バランスのとれた食事を心がけるとともに、サプリメントを上手に使用して足りない分を補うがおすすめです。

 


アダム 男性用マルチビタミン&ミネラル タブレット


スペクトロ ウーマン(70種類以上の成分が凝縮 女性用マルチビタミン&ミネラル)

腸内環境を整えよう!


腸内環境を整えることも、代謝を上げるうえでとても重要になります。

 

というのも、栄養素の吸収のほとんどは腸内でおこなわれるため、腸内環境悪いとせっかく摂取した栄養素が無駄になり代謝が低下してしまい体温低下や血行不良に陥ってしまいます。

 

また免疫細胞の大半が腸内に存在していることから病気の予防にも腸内環境の改善が役に立ちます。

 



 

まとめ


代謝を上げることによって、体温の上昇、肥満の抑制、病気の予防、疲労の軽減などたくさんの恩恵があります。

 

僕自身も栄養素の摂取と運動を取り入れたことによって、その効果を実感しています。

 

また、気持ちが前向きになり生きる気力が湧いてくることもとても嬉しい発見でした。

 

体温が低いとお悩みの方は、まずは食事や栄養素の摂取の見直しから是非はじめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です