体重を増やすには??増量するにはたんぱく質中心に食事量を増やすのがおすすめ

最近では健康ブームによって体重やカラダを絞るダイエットを多くの人が取り入れていますよね。

余分な体重や脂肪を削ぎ取ることで、心身共に健康で軽くなります。

 

一方で、現代では「痩せすぎ」の人も見かけますよね。

中には意図的に痩せているわけではなく食べても太れないといった体質も関係しているようです。

ただ太るだけでいいのであればお菓子やジュース、唐揚げにマヨネーズの大量食いで太れますが、ここに来た方はそんな太り方は望んではいないはずと思います。(決めつけで失礼します)

 

痩せすぎて体重を増やしたいと思っている方はむやみに食べる量を増加させてもカラダに負担がかかりすぎるのであまりおすすめしません。

順番としては栄養の吸収率をあげるため腸内環境を整えることが先になります。

次に筋肉や脂肪になりやすい食べ物をカラダの負担になりすぎないように徐々増やしていきましょう。

 

そして大事になってくるのが運動を取り入れることです。

運動を取り入れつつ食事量を増やしていくと筋肉が増加してその分体重も増えていきますが、さらにそこにプロテインを加えてあげると筋肉がさらにつきやすくなることが期待できます。

 

⇒おすすめ海外プロテイン3選

 

どうせ体重を増やすならカッコ良く増やしたいですよね?

ですので運動は是非取り入れるようにしてください。

初めはラジオ体操やウォーキングなどの軽めのものから取り入れ、カラダが運動に馴れたら自重トレーニングやスイミング、ジョギングを徐々に取り入れていくといいでしょう。

 

ただこれらの有酸素運動をあまりやりすぎると逆に体重を落としてしまう可能性がありますので、体重が増えるまでは様子を見ながら運動してください。

運動にカラダが慣れてきたら負荷の高いトレーニングを徐々に取り入れるといいでしょう。

 

当たり前ですがすぐに成果が出るものではないので、まずは3ヶ月を目安に継続していくことが大切です。

 

 

手っ取り早いのは炭水化物の摂取


太るために摂取する栄養素は炭水化物、脂質、たんぱく質のいわゆる三大栄養素です。

 

この中でも炭水化物と脂質はカラダを動かす際のエネルギー源として働きます。

動いたエネルギー以上に炭水化物や脂質を摂取すると余ったカロリー分は体脂肪として体内に溜め込まれるため、太るには手っ取り早い方法と言えます。

 

とくに炭水化物の代表ともいえる白米は比較的安価で毎食取り入れられるため、太りたい方に「主力の食べ物」とも言えますね。

ただ、ドカ食いするとカラダに負担が大きいため、1日6回ほどに分けて摂取するといいですね。

また脂質も大事ですが、種類によってはカラダに害になりやすいものが多いため、脂質を摂取する場合は少し慎重になることが大切です。

 

⇒良質な脂質が含まれている食べ物

 

理想的に太るためにはたんぱく質は必須


炭水化物や脂質は太るためには必要ですが、実は理想的に体重を増やすにはたんぱく質の摂取が欠かせません。

というのも、筋肉を大きくするにはたんぱく質が必要で、カッコ良くカラダを大きくするには大変重要な栄養素になります。

多くのアスリートなんかはたんぱく質を多く摂取して強靭な肉体を保っていますよね。

 

たんぱく質は主に肉類、魚類、卵、牛乳、大豆製品に含まれていますが、これらは脂質も非常に多いため食べ過ぎると体脂肪もつきやすくなる可能性があります。

脂質もカラダを大きくするには必要ですがやはり摂り過ぎには注意したいですね。

脂質を抑えてたんぱく質を摂取するには脂質の少ない鶏のササミやノンオイルのツナがおすすめです。

 

また、そこにプラスして取り入れたいのが良質なたんぱく質を効率的に摂取できる「ホエイプロテイン」です。

 

⇒運動やスポーツ後のたんぱく質補給にはプロテインが効果的

 

普段の食事だけでカラダを大きくするだけのたんぱく質を摂取出来ればいいのですが、毎日のことですので食事の量や食費を考えると現実的ではありません。

また上記でも述べたように、食べ物からたんぱく質を摂取しようとすると、脂質も多く摂取してしまうのも難点の1つとも言えます。

 

ただでさえ太りにくいのであれば、適度な運動(筋トレ)のほかに多くのたんぱく質摂取は欠かせませんので、効率的にたんぱく質を摂取できるホエイプロテインは金銭的にもとてもリーズナブルです。

 

また消化吸収スピードも肉や魚、卵の約4時間程度と比べておよそ半分の2時間程度で処理されることも大きなポイントです。

 

運動後は筋肉の分解を防ぐため栄養素をすぐに補給する必要がありますので、消化吸収のはやいバナナやプロテインを積極的に摂取すると筋肉の分解を抑えられます。

 

⇒バナナはビタミンとミネラルが豊富!運動や筋トレ前後摂取にも優れた食材!

 

そのあとでたんぱく質を中心とした食事をしっかりと摂取するがいいでしょう。

 

その際には三大栄養素の代謝に必要なビタミンやミネラルの摂取も十分におこなってください。

せっかく摂取した栄養もスムーズに代謝されなければ効果は激減です。

 


アダム 男性用マルチビタミン&ミネラル タブレット


スペクトロ ウーマン(70種類以上の成分が凝縮 女性用マルチビタミン&ミネラル)

 

 

まとめ


以上、体重を増やすためのたんぱく質の摂取について書いてきました。

筋肉はカラダにエネルギーが足りなくなるとすぐに分解されてエネルギーとしてつかわれてしまうため、体重を増やしたい人は積極的にたんぱく質の摂取をしてください。

またその際にはしっかり運動も取り入れ、強靭で大きいカラダを是非作ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です