傷の治りが遅い人必見!傷の回復を早める栄養素。

人間のカラダは日々細胞分裂を繰り返しており、

古い細胞から新しい細胞に生まれ変わってます。

 

このことからもわかるようにヒトのカラダが傷ついていも、

新しい細胞によって回復せれられるわけです。

 

 

傷の治りを促進させる栄養素


回復の速度は怪我の度合いや個人によって異なりますが、

一般的には若者のほうが細胞の入れ替えや細胞分裂が活発なため、

傷の回復スピードが速いとされています。

 

関係が深いところでは睡眠も細胞分裂の促進に関与しており、

質の良い睡眠をとると傷の完治が早まるとされています。

 

そして傷の修復に欠かせないのが細胞分裂の働きを支え、

カラダの構築に働く栄養素の摂取です。

 

ヒトのカラダは食べ物から摂取する栄養素によって、

傷の修復や健康な細胞の維持を保ちます。

 

今回は傷の修復や回復速度を上げてくれる、

栄養素についてみていきたいと思います。

 

・たんぱく質

カラダの大部分の構成物質であるたんぱく質は、

筋肉や皮膚の元になる成分。

細胞を増やすためには必須と言える栄養素なのでしっかりと摂取してください。

 

 

・亜鉛

亜鉛は細胞分裂の活性化に作用するミネラルです。

古い細胞から新しい細胞への入れ替えは新陳代謝といいますが、

その新陳代謝に深く関わる酵素の大部分が亜鉛を原料に構成されます。

 

なので亜鉛の十分な摂取は新陳代謝を促し、

傷ついた細胞の回復を早めます。

逆に亜鉛が不足していると細胞の分裂スピードが落ちるため、

傷の回復が遅くなるため注意が必要です。

 

このような働きのほか、

皮膚組織の主成分である「ケラチン」の生成に亜鉛は必要で、

細胞組織の再生や強化といった働きにも作用します。

 

・ビタミンCやクエン酸

ただでさえ不足しがちな亜鉛を効率的に摂取するには、

少しでも吸収率を上げることが重要になります。

 

ビタミンCとクエン酸のキレート作用によって、

亜鉛の吸収率が上がるため亜鉛の摂取の際には是非一緒に摂取してください。

 

またビタミンCは抗酸化作用が細胞の老化を防ぐため、

健康な細胞の生成に必要な栄養素です。

 

・ビタミンB群

健康な皮膚や粘膜の生成にはビタミンB群の摂取も必要です。

とくにビタミンB2は正常な細胞の生成に関わりが深く、

不足すると細胞の回復に影響を与えます。

 

またB6、B12、ナイアシンの摂取も傷の炎症緩和に働き、

傷の回復サポートに働くとされています。

 

ちなみにビタミンB群は互いの働きに作用し合っているため、

まとめて摂取することが大切です。

 

 

・ビタミンE

ビタミンC同様、抗酸化作用によって細胞の老化を防ぎます。

 

ビタミンEの不足は粘膜に過酸化脂質を発生させ、

健全な細胞に影響をだし、傷の回復を遅らせます。

 

また血行を良くする作用があり、

傷ついた細胞に栄養や酸素を多く運び細胞の再生を促す働きがあるため、

傷の回復に適した栄養素と言えます。

 

 

バランスのとれた食生活が傷を治すための近道


上記のように傷ついた細胞の回復には、

とくに変わった栄養素はなく、普段の食事で摂取できるものです。

 

このことから日々の食事をバランスの良いものにし、

不足なく摂取できれば傷の回復スピードも早まることがわかります。

 

ファストフードやインスタント食品、コンビニ弁当には食品添加物が多く、

傷の回復に必要な栄養素の吸収を阻害します。

 

そのため上記の食品の摂取はなるべく控え、

自炊するなどの生活の見直しも必要になります。

 

そのうえで、補えない栄養素が出る場合は、

サプリメンを上手に使用して栄養補給することがおすすめです。

 

 

まとめ


以上、

傷の回復を早めてくれる栄誉素についてご紹介しました。

 

傷が大きくてなかなか思うように治らない方や、

傷の治りが昔より遅くなったと感じる方は意識的に栄養補給をし、

カラダの回復機能を上げて上げることが、

早めの傷の回復に繋がると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です