勃起力を向上に欠かせない栄養とは??男力を底上げする栄養素を摂取しよう

年々勃起力が落ちて元気がない、またよく中折れしてしまうなど、

勃起力の低下は自信の低下に繋がりますよね。

 

勃起力を高める成分は数多くありますが、今回は普段の食事に含まれる栄養素から、

勃起力を高め、男力の底上げに期待できる成分についてご紹介します。

 

ただ、体調やメンタルの部分での影響もかなり大きいため、

それらの栄養素を摂取したからといって劇的に勃起力が向上するわけではありません。

 

しかし、

長期的にみても勃起力しやすいカラダにしとくことは決して悪いことではありませんし、

男らしさを保つことにも繋がるためとてもおすすめです。

備えあれば憂いなしですね!

 

最近カラダに元気がなく自信を喪失している方はぜひ参考にしてください。

 

勃起力を底上げしてくれる栄養素とは??


勃起力が落ちてきて衰えを感じている方に積極的に摂取して欲しい主なものは、

ビタミン、ミネラル、アミノ酸の3つです。

 

これらの栄養素は健康維持に欠かせない栄養素です。

これらの栄養素を毎日バランスよく摂取することで、

カラダの健康に繋がりますが、男性器も例外ではありません。

 

よく精力剤に含まれる、

マカ」や「トンカットアリ」などは成分として言われることが多いですが、

厳密にいうとビタミン、ミネラル、アミノ酸を多く含む植物として扱われています。

 

 

男性ホルモンの分泌を促すアミノ酸


勃起力の向上には男性ホルモンの分泌が重要ですが、

その男性ホルモンの分泌を促す成分がアミノ酸です。

 

アミノ酸中でもとくに勃起力に関係すると言われているのが「アルギニン」で、

血管の拡張効果や男性ホルモンの分泌促進に作用します。

 

アルギニンには精力アップのほか、筋肉の増強やメタボ改善、

免疫力の強化にも効果が期待できるとされているため、

強靭な肉体を手に入れたい方は積極的に摂取するといいでしょう。

 

アルギニンは吸収率があまり良くはないので、

吸収率を高めてくれるビタミンB6を一緒に摂取すると効果が高くなります。

 

精子の量を増やすミネラル


精子の量を増やすとされているのが、

セックスミネラル」として有名な「亜鉛」です。

 

亜鉛は爪や皮膚、髪の毛の健康維持に欠かせないミネラルですが、

男性ホルモンである「テストステロン」の生成や精子生成の必要成分としても欠かせない栄養素です。

 

亜鉛の適切な摂取は生殖器の発育や維持のほか、精子の生成の増加や性欲の向上に働きます。

 

亜鉛と勃起力は関係ないとも言われていますが、

個人的には精子が多く生成されるとやはり「出したい欲求」が高まる気がしており、

結果的に勃起力に繋がる可能性は十分あると考えています。

逆に精子がないときにムラムラすることはあまり無いですよね??

 

ただ、亜鉛の吸収率は約30%ほどとも言われ、吸収率が低くなっています。

せっかく摂取した亜鉛も吸収されなければ意味がありませんよね。

 

そんな亜鉛の吸収率を上げる成分として「クエン酸」が挙げられます。

 

クエン酸には亜鉛を体内で吸収されやすい形に変える働きがあるため、

亜鉛の効率的な摂取にはとても重要な成分です。

 

このことから、亜鉛の効率的な摂取がしたい方は、

亜鉛とクエン酸をセットで摂取するのがおすすめです。

 

また、同じくミネラルの「セレン」も精力のアップに働くとされています。

 

これは、精子細胞にセレンが多く含まれていることが判明したことから言われており、

精液内のセレン濃度が高いほど精子の量が多いことが実験によって確認されています。

 

精子の量を増やすには亜鉛の摂取の他にセレンも不足しないように摂取すると、

効果が期待しやすくなるのではないでしょうか。

 

 

精力アップに働くビタミン


・ビタミンB群

ビタミンB群は糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素の代謝に関わっており、

エネルギーを生み出すためにとても重要で、男性ホルモンであるテストステロンの合成に重要な栄養素です。

 

勃起力はテストステロンの分泌量にとても影響されるため、

テストステロンが多くなることは勃起力の向上に繋がります。

 

とくにテストステロンの合成にはビタミンB6とナイアシンが重要と言われています。

 

ビタミンB6は体内に摂取されたアルギニンなどのアミノ酸やたんぱく質の代謝に関わっており、

エネルギーの生成、皮膚や爪、髪の毛や粘膜の健康維持、リラックス効果、

テストステロンやエストロゲンといったホルモンのバランスを保つ作用があります。

 

また、ナイアシンはテストステロンなどの男性ホルモンの合成に欠かせないビタミンで、

糖質、脂質、たんぱく質全てのエネルギー代謝に関わっています。

皮膚や粘膜の健康維持、血行促進、二日酔いの予防に作用するほか、

衰えた精力の改善に必要不可欠な栄養素です。

 

ビタミンB群はお互い作用し合うためバランスよく摂取する必要があります。

 

 

・ビタミンC

ビタミンCはストレスや疲労に作用するほか、

老化の原因となる活性酸素の除去に効果を発揮します。

また、テストステロンの分泌を減少させるストレスホルモンの「コルチゾール」の分泌を抑えてくれますので、精力増強するには積極的に摂取したい栄養素です。

 

 

・ビタミンE

ビタミンEにも活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

正常な生殖機能の維持に必要で、テストステロンやエストロゲンの分泌をスムーズにする働きがあります。

また、毛細血管を拡張し血流を良くする作用があり、動脈硬化を予防します。

男性器へ流れる血流を増やし栄養や酸素十分に運ぶため、勃起力の底上げには欠かせません。

 

 

・ビタミンD

カルシウムを骨に吸着させて丈夫な骨の形成に働くことで有名な栄養素です。

ビタミンDはテストステロンの生成を促すとされ、

男性は精子の質の向上、女性は排卵率の向上が期待できます。

食べ物からの摂取のほか紫外線を浴びる事で生成されるため、

適度な日光浴が精力増強に繋がります。

 

 

まとめ


以上のように勃起力や精力を高めるには摂取する栄養素が大切になってきます。

 

とくに、テストステロンの分泌を促すアミノ酸や精子の生成に働くミネラル、

代謝や血行を良くし精力増強を促すビタミン類などを上手に摂取することが、

スムーズな勃起には必要です。

 

そのためには、日々の食生活に気をつけて栄養を摂取することが大切ですので、

不足している分はサプリメントなどを上手に使って補うといいと思います。

 

ただ、最初にもお伝えしたように栄養素だけの問題ではないので、

食生活のほかに体重の管理や適度な運動や睡眠、ストレスの少ない生活を心掛ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です