夏だけではない!冬でも注意が必要な脱水症状の危険性とは?

脱水症状というと夏の症状を思い浮かべますが、実は冬でも起こる可能性があります。

 

先日ではロック界のドンこと、内田裕也さんも冬の脱水症状に陥り、緊急搬送されました。

 

なんでも今回の脱水症状は、部屋の暖房を入れたまま寝てしまうという、冬にはありがちな行動によって引き起こされたようです。

 

夏のように汗を大量にかかないからといって油断していると、いつ脱水症状に陥るかわかりませんね。

 


冬の脱水症状の原因とは??


冬は乾燥している日が多いですが、この乾燥によって「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」が増えます。

不感蒸泄とは、感じたり、意識したりすることなく皮膚や粘膜、呼気から蒸発する水分です。

 

人間にとって快適な湿度は50~60%と言われていますが、冬の湿度は50%以下の日も多くなります。

また、気密性能が高まった現代の住宅で暖房などを使用していると湿度はさらに低下し、なんと屋外より湿度が10~20%も低下してしまい、不感蒸泄が増加してしまいます。

 

ロック界のドンが脱水症状になったのもうなずけます。

 

また、夏場とは違い、「水分をとらなきゃ!」という気持ちも起こりづらく、喉が多少渇いていても水分補給を控えてしまうため、カラダの水分が気づかないうちに不足気味になってしまいます。

 

 


冬の脱水症状を防ぐための対策をとる!


まずは室内の湿度を上げることを心がけましょう。

 

上述した通り、暖房を使用している室内では湿度が著しく低下していることが多いため、加湿器などを使用して湿度を上げて下さい。

目安は人間に快適と言われる50~60%ですね。

 

湿度や温度をはかるものがあるとこまめにチェックできるので便利ですよ!

 

⇒オシャレな加湿器を探そう!

 

石油ストーブを使っている場合は、水を入れたヤカンを上に置くと加湿器の代わりになりますのでおすすめです。

 

また、飲み物のこまめな摂取も非常に重要です。

 

暖房を長時間使っているときは、喉がたいして渇いていなくても、こまめな水分補給をすることが冬の脱水症状を防ぎます。

 

朝起きたときや、寝る前などにも水分を補給するといいでしょう。

 

そのほか、感染症が多くなる冬は嘔吐や下痢になる機会が増え、水分が不足しますので、経口補水液を活用して、カラダの水分を保つようにしましょう。

とくに小さいお子さんは自己申告がなかなかできないケースがあるので意識して水分補給させることが大切です。

 


コタツで寝ない


コタツでゴロゴロするのは気持ちがいいものですが、この行動は脱水症状の原因となるので注意が必要です。

 

とくに、暖房つけてながらコタツに入り、アルコールを摂取した後にそのまま寝てしまうと、発汗と不感蒸泄が増え水分が不足して脱水症状になる可能性が高くなります。

 

水分不足によって血がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなるので、絶対にやめましょう!

 

 

アルコールと発汗によってビタミンやミネラルも失われるため、免疫力の低下にもなります。

コタツで寝てもあまり得はありませんね。

 

⇒免疫力や抵抗力を飛躍的に向上させる効果的で簡単な方法!

 


まとめ


なかなか自覚しづらい冬の脱水症状を防ぐには、

 

室内の湿度調節と、喉が渇いていなくてもこまめな水分補給をすることが大切です。

 

冬に体調を崩すと風邪やインフルエンザと連鎖しやすいですからね、意識的に気をつけて、冬の隠れ脱水を予防しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です