女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きのある「大豆イソフラボン」。更年期障害やホルモンバランス乱れに効果的!

大豆は昔から日本人の食生活の身近に存在し親しまれてきました。

 

醤油や味噌、豆腐や納豆、油揚げなど口にする機会の多いものばかりです。

 

大豆には大豆イソフラボンという成分が含まれていて、

摂取することで、カラダに様々な効果があるとされています。

 

最近では大豆イソフラボンがもつ健康作用が更に世間に浸透し、

数多くの健康食品やサプリメントに使用されています。

 

とくに注目されるのが女性ホルモンとの関係で、

更年期を迎えた女性や、ストレスや偏食でホルモンバランスが乱れた女性に、

非常に有用性がある成分として期待されています。

 

今回はその大豆イソフラボンについて基本情報や効果、副作用などなど、

掘り下げていきたいと思います。

 

 

大豆イソフラボンとは??


大豆イソフラボンとは大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの一種で、

大豆の「えぐみ」の成分として存在し、植物が身を守るために作り出した、

「ファイトケミカル」の一つでもあります。

この

お茶に含まれる「カテキン」やカカオ豆に含まれる「カカオマスポリフェノール」も

ファイトケミカルの一つで高い抗酸化作用や健康作用をもっています。

 

ファイトケミカルとは??

 

大豆イソフラボンには糖質と結合した形の「配糖体」と、

結合していない形の「アグリコン」の2種類があります。

 

食品で大豆イソフラボンを摂取する時は、配糖体として存在していますが、

納豆や醤油、味噌といった大豆発酵食品にはアグリコンの形で多く存在しています。

 

 

配糖体の形で大豆イソフラボンが摂取されると、腸内細菌の働きによって糖が切り離され、

アグリコンとなってから初めて吸収されます。

そのことからアグリコンの方が吸収率がよく効率的とも言われています。

 

 

大豆イソフラボンの働きとは??


大豆イソフラボンは配糖体とアグリコンに分けられますが、

そのうちのアグリコンは女性ホルモンの「エストロゲン」と非常に似た作用があり、

「植物エストロゲン」とも呼ばれています。

 

女性は更年期を迎え、エストロゲンの減少すると、

「ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)や冷えや肩こり、イライラ」などの症状が現れ、

心身ともに非常に不安定になります。

 

こういった症状は「更年期障害」と呼びますが、

大豆イソフラボンにはこれらの症状を和らげたり、

改善したりといった作用があるとされています。

 

またエストロゲンは女性らしいカラダをつくったり、

皮膚や粘膜の潤いを保ったりと美容に作用するほか、

骨からカルシウムが溶け出すのを抑制したり、血中のコレステロールを減少させたりと、

健康にも作用するとても重要なホルモンです。

 

しかし非常に残念ですがエストロゲンは閉経後に急激に減少していきます。

そのため、肌の調子が悪くなったり、髪のツヤがなくなったりするほか、

肥満やカラダのむくみ、骨粗しょう症や脂質異常症といった症状が起こりやすくなります。

 

大豆イソフラボンは体内でエストロゲンと似たような働きをするため、

これらの症状の予防や更年期障害の改善に非常に有用性があると言われています。

 

ちなみにエストロゲは過剰に分泌されても、様々な不調が出ることがわかっており、

ニキビや月経前症候群、乳がんや子宮ガンのリスクも高まるとされています。

 

大豆イソフラボンには不足したエストロゲンを補う作用のほかに、

過剰に分泌したエストロゲンを抑制する作用ももっているため、

女性ホルモンの過不足を調整し正常に保ってくれるとして、

その働きに期待されています。

 

 

大豆イソフラボンの効果的な摂り方


大豆イソフラボンは一日の摂取目安量の上限が70~75mgとされ、

そのうち、サプリメントや健康食品で摂取する量は1日30mgまでが良いとされています。

 

食品から大豆イソフラボンを摂取する場合は、

豆腐1丁に60mg程度、納豆1パックに37mg程度が含まれているので、

それらから摂取できます。

なので納豆や豆腐を毎日適量食べていれば不足にはなりづらいと言えますね。

 

とくに更年期障害の症状がある方は大豆製品を意識的に摂取するのがおすすめですが、

大豆製品をあまり食べないという方は、サプリメントや健康食品での摂取で補うといいと思います。

 

ただサプリメントからの摂取は1日あたり30mgが望ましいとされていますので、

用量用法を守って摂取する必要があり、妊婦さんや15歳未満の方の場合は、

日々の食生活に上乗せして摂取することはおすすめしません。

 

 

 イソフラボンサプリを選ぶポイント


大豆イソフラボンサプリを選ぶ際に気をつけたいことが何点かありますので、

サプリを選ぶ際の参考にしてください。

 

・吸収力の優れたアグリコン型を選ぶ

大豆イソフラボンは糖と結びついた状態で存在していますが、

この状態では腸内で吸収されません。

なのであらかじめ糖と切り離された「アグリコン型」の状態で

配合されているものを選ぶと体への吸収がスムーズに行われます。

 

・1日あたりの上乗せ上限量を超えないもの

上記でも記載いましたが、

大豆イソフラボンをサプリメントで摂取する際は、

食事のほかにアグリコン型で30mg/日と定められています。

 

大豆製品の摂取によっての健康被害は報告されていませんが、

健康食品などでの長期の過剰摂取は女性ホルモンに影響を与える可能性があるとされています。

 

そのことから1日の上乗せ上限量を超えないことは、

とても大切なポイントになります。

 

・信頼性のある企業で製造されているか

サプリメントは口から体内に入れるものです。

製造元がしっかりとした理念の元に商品を製造しているかや、

安全性を十分考慮して製造しているかなどは、

消費者の1人1人が見極め確認する必要があります。

 

・1ヶ月分が安すぎるものは避ける

継続は力なりと言うとおりサプリメントは続けなければ意味がありません。

継続するにあたりコストはとても重要なポイントといえます。

 

しかし、過剰なコスパ重視はあまりおすすめは出来ません。

なぜかというと安すぎる製品には何かしらの理由がある可能性も否定できないからです。

 

・遺伝子組み換えの大豆は使用していない

遺伝子組み換えの食品を食べても問題はないと厚生労働省は公表していますが、

問題があるという情報も結構根強く存在しています。

 

あくまで個人的意見ですが自然界にないものを摂取するわけですから、

長期にわたっての摂取はなにか害がある気がしてなりません。

そもそも問題ないって言いますが、「それは誰か試したの??」って思ってしまいます。

 

できることなら遺伝子組み換えではない大豆を使用しているサプリを選ぶのがいいですね。

 

・ほかの栄養素は配合されているか

せっかくサプリメントを摂取するなら、

ほかの健康成分も含まれていたほうが当然お得です。

一石二鳥でも三鳥でもお得な製品を選びたいですよね。

 

おすすめのサプリメント

上記のことを踏まえると、

キッコーマンの「基本のサプリ」が最もおすすめです。

 

大豆イソフラボンのほかにも、

40代以上の女性に必要な以下の成分も配合されています。

 

ぶどう種子ポリフェノール

老化の原因となる活性酸素を除去する成分。

そのパワーはビタミンC以上です。

 

・ビタミンD

骨の形成に欠かせないビタミンですね。

更年期の女性は骨がもろくなることが多いです。

ビタミンDの配合によって骨粗しょう症やいつの間にか骨折を防ぎます。

 

・葉酸

女性に重要なビタミンです。

数多くの代謝に関わっているため、

女性の健康に欠かせない栄養素です。

 

サプリメントを購入する際はランキングやコスパをみることが多いと思います。

ですが、実際の成分や効果はきちんと自分で確かめて、

より良く上質なサプリメントを選ぶようにしてください。

 

 

基本のサプリ の詳細をみる

 

 

まとめ


大豆イソフラボンは閉経後の女性や、更年期障害で悩む女性の助けとなる成分ですね。

またストレスが多い方や食生活が乱れている方もホルモンバランスが崩れて、

心身ともに不調になりがちです。

 

ホルモンバランスの乱れは最初は些細な不調かもしれません。

しかし誤魔化して生活していればやがて大きな病気やうつ病の発症にも繋がりかねません。

 

更年期障害の症状やホルモンバランスが崩れてるなと感じる方は、

大豆イソフラボンを過不足なく摂取して予防や改善に繋げていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です