強力な抗酸化作用が老化を防ぐ!解毒作用にも期待できる「α-リポ酸」とは??

老化の原因となるカラダの酸化。

カラダの酸化は健康にも美容にも悪影響を及ぼしますよね。

 

健康について興味がある方は抗酸化作用のあるビタミンの

ビタミンC」や「ビタミンE」を積極的に摂取している方も多いと思います。

 

この抗酸化作用を上回り、尚且つビタミンCやビタミンEの

抗酸化作用が弱まった際にその作用を復活させてくれる物質があります。

 

その物質が今回ご紹介する「α-リポ酸」です。

 

どういった働きがあるのかわからないけど、

聞いたことがあるといった方も多いと思います。

 

そんなα-リポ酸とはどういった物質なのでしょうか。

 

早速みていきましょう。

 

 

α-リポ酸とは??


α-リポ酸はすべての細胞にある「ミトコンドリア」の中に存在し、

エネルギーの生成や生命維持にとても重要な成分です。

 

心臓を動かしたり呼吸をしたりといった行動に深くかかわっているため、

生きるためにはα-リポ酸の働きが欠かせません。

 

α-リポ酸は「ビタミン様物質」に区別されており体内でも生成されますが、

残念ながら年齢とともにその生成量が減少していきます。

 

α-リポ酸が減少するとスムーズなエネルギーの生成がおこなわれず、

慢性的な疲労や動悸、生活習慣病などの症状が出やすくなります。

 

このような生命維持に働くほかに、

α-リポ酸にはさまざまな健康作用が期待されています。

 

ではどのような働きがあるのでしょうか。

α-リポ酸の働きは??


α-リポ酸には老化や病気の原因となる活性酸素を除去してくれる働きがあります。

 

活性酸素は菌やウイルスを攻撃しカラダを守るため必要なものですが、

ストレスなどで過剰に増えた活性酸素は細胞も攻撃してしまうため、

ストレス社会に生きる現代人には害になりやすいんですよね。

 

α-リポ酸は同じ抗酸化作用を持つ「ビタミンC」や「ビタミンE」より

格段に強い働き約400倍!!)を持っているといわれています。

 

抗酸化作用を持つビタミン

ビタミンCについてはコチラ

ビタミンEについてはコチラ

 

さらにビタミンCやEの抗酸化力を回復させる作用も持ち合わせているため、

老化の抑制に大きく働き、若返りが期待できます。

 

またα-リポ酸の摂取によって、体内に蓄積した有害ミネラルや有害重金属の

カドミウムやヒ素、鉛、水銀などを体外に排出する解毒作用があります。

 

有害物質の蓄積はガンやうつ病、脳症、パーキンソン病、肥満などの

発症リスクの上昇を招きますので注意が必要ですね。

 

現代人は排気ガスや食品、喫煙などで多くの有害物質を

カラダに取り込んでいるのでα-リポ酸の摂取により、

定期的に体外に排出するといいですね。

 

そしてα-リポ酸は糖質の代謝にもかかわっていることから、

糖尿病の予防や、肌の糖化(糖質の取り過ぎで肌が茶色くくすむ)

などの抑制にも繋がります。

 

その働きはヨーロッパでは糖尿病の治療薬として利用されるほどです。

 

そのほかでは糖質をうまく代謝することによって、

効率的にエネルギーを使うことができるので疲労回復にも働きます。

 

抗酸化作用によって活性酸素からもたらされる疲労感も軽減されるため、

疲労の回復には相乗効果が期待できますね。

 

 

α-リポ酸を含む食べ物は??


α-リポ酸を含む食べ物として、

レバー、ホウレンソウ、ブロッコリー、

トマト、ニンジンなどがあります。

 

ただし食品に含まれる量ごくわずかで、

毎日は摂取することが困難なため、

サプリメントや健康食品にて補うのがおすすめです。

 

その際は食事の30分前に摂取すると

カラダによく吸収されますので是非参考にしください。

 

ちなみにα-リポ酸は安全性が高い成分とされていますが、

たまに低血糖になる方いるようです。

 

摂取してみて様子がおかしい場合は念のため摂取を控えたほうがいいですね。

 

まとめ


とても強力な抗酸化作用を持ち、

老化の抑制や疲労回復に効果が期待できるα-リポ酸。

 

様々な健康作用あるので日々の生活に取り入れ、

若々しく健康なカラダづくりのために活用してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です