抗酸化作用で老化予防にはビタミンE!!不足すると手足の冷えや肩こりの原因にも!?

カラダがサビる「酸化」。

美容や健康にも悪影響ですし何より「酸化で老ける」というメカニズムは

若さを保ちたい人には天敵といえますね。

最近では抗酸化作用のある栄養素がクローズアップされる機会が増えました。

その栄養素の内の一つがビタミンEです。

 

またこのビタミンEは手足の冷えや肩こりの症状改善にも手助けしてくれるので、

お悩みの方は要チェックです。

 

ではビタミンEはどのようなものでどんな働きをするのか、

早速見ていきましょう!

 

ビタミンEとは??


ビタミンEは脂溶性のビタミンです。

ビタミンEには

トコフェロール」のアルファ型、ベータ型、ガンマ型、シータ型の4種類

トコトリエノール」のアルファ型、ベータ型、ガンマ型、シータ型の4種類

計8種類があります。

 

 

中でもアルファ-トコフェロールはもっとも広く存在していて、

生理作用が強いことから、

ビタミンE=アルファ-トコフェロールとするのが一般的です。

 

4種類やら8種類やらと中々ややこしいですが、

ビタミンE=アルファ-トコフェロールでおぼえてもらえれば

いいと思います。

 

 

ビタミンEの働き


ビタミンEには強力な抗酸化作用があます。

 

細胞にダメージを与える過酸化脂質(コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたもの)の生成を抑制し、細胞の老化を防ぎます。

 

その他、血液中のLDL(悪玉)コレステロールの酸化を防ぎ

動脈硬化の予防効果にも期待でき、血管の若さを保ってくれます。

 

そして冷え性や肩こりにお悩みの方、お待たせしました。

 

ビタミンEは末梢血管を拡張して血液の流れをよくする働きがあります。

 

その為、血行不良が原因で起こる冷え性や肩こりなどを緩和し、

肌のカサつきも改善してくれます。

 

この他、黄体ホルモンや男性ホルモンの生成を助け、

生殖機能を維持する作用があるので、男女ともに、

不妊症に効果があるとされています。

 

冷え性と肩こりの他にお肌の改善やホルモン生成の補助までと

ビタミンEはよく働いてくれますね!

 

不足すると??


ビタミンEが不足すると、

 

  • シワやシミができやすくなる
  • 更年期障害が強くなる
  • 手足が冷える
  • 肩がこる
  • 免疫力の低下
  • 動脈硬化の促進

 

などの症状があらわれます。

 

ではどの食べ物から摂取できるのか、

見ていきましょう。

 

 

ビタミンEを含む食べ物


・ひまわり油13g(大さじ1)・・・5.0mg

・ウナギ蒲焼き100g(1串)・・・4.9mg

・モロヘイヤ60g(1/4袋)・・・3.9mg

・西洋カボチャ80g・・・3.9mg

・アーモンド10g(10粒ほど)・・・2.9mg

・赤ピーマン60g(1/2個)・・・2.6mg

・アボカド70g(1/2個)・・・2.3mg

・たらこ25g(1/2個)・・・2.0mg

 

などとなっています。

 

1日の摂取基準量は成人で

 

男性で目安量7.0mg 上限量900mg

女性で目安量6.5mg 上限量700mg

 

ですので是非参考にして下さい。

 

ちょっとおまけの話になりますが、ビタミンEを摂取する際はビタミンCと合わせて摂ると

とても良いんです。

 

ビタミンCとEはどちらも抗酸化作用がありますよね。

 

それぞれが物質に対して抗酸化作用働きますが、

ビタミンEそれ自身が酸化されながら、脂肪酸の酸化を防ぎます。

そしてビタミンCには、その酸化していくビタミンEを酸化されていない状態に戻す

還元作用があるんです。

 

もうCだかEだか分かんなくなりそうですが、

つまりは一緒に摂取すると相乗効果が期待できるので

非常におススメです。

 

毎日のことなので、両方を一度で摂れない場合が多いと思います。

そんなときはサプリメントで補うのがお手軽で良いですね。

 

 

まとめ


 

普段の生活で日々酸化するカラダですが、

少しでも長く若く、そして健康にいたいですよね。

 

年齢を重ねてもカラダが若々しい人は、

やはり魅力的ですし、一緒にいてパワーが貰える気がします。

 

抗酸化をしっかり意識し、心もカラダを若くいたいものですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です