朝が苦手で目覚めが悪い方必見の寝起きをよくする栄養素とは??

朝の目覚めが悪く、なかなかベットから抜け出せない、

朝になると気持ちがブルーになる、疲れが取れていないなどの症状はありませんか?

 

そんな症状がある方は、もしかして睡眠の質が低下しており、

熟睡出来ていない可能性があります。

 

寝起きを良くするには、「寝る前にブルーライトを浴びない」や、

「日中に適度な運動する」など様々ありますが、

食生活の改善や栄養素をバランスよく摂取することも方法の1つです。

 

栄養素とカラダは深い関わりをもっており、日々の栄養素の摂取を見直すだけで、

睡眠や寝起きの質が上がり、心地よい気持ちで一日をスタートできる可能性が十分にあります。

 

寝起きが悪い方が少しでも気持ちよく起きれるために、

今回は寝起きの質を上げる栄養素についてご紹介します。

 

 

睡眠の質を上げる栄養素


寝起きが悪い原因の1つとして、

寝つきが悪い、睡眠が浅いなどの睡眠の質の低下が挙げられます。

 

質の良い睡眠に導く栄養素を意識的に摂取することで熟睡でき、

その結果、疲れもとれ朝の目覚めもよくなることが考えられます。

 

・トリプトファン

バナナや牛乳に含まれるアミノ酸の1つである「トリプトファン」は、

脳の興奮を抑える「セロトニン」の原料になります。

幸せホルモンとしても近年注目されているセロトニンは、

睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌を増やします。

 

⇒セロトニンを増やすには!?

 

つまり、

トリプトファン⇒セロトニン⇒メラトニンのサイクルで分泌が促されます。

 

トリプトファンを摂取し、セロトニンが分泌されることによって、

精神が安定する上、メラトニンの分泌も増えるため良い睡眠のきっかけに繋がります。

 

 

・グリシン

こちらもアミノ酸の1つで、睡眠リズムを整えてくれます。

ヒトのカラダは体温が下がると眠くなるようにできています。

 

就寝前にグリシンを摂取すると手足への血流が増加し、

カラダの深部の体温の低下を促します。(手足から熱を逃がす感じ)

 

体温が下がるのに合わせて寝ると、自然と深い睡眠へと繋がります。

 

 

・カルシウム

カルシウムには骨の形成のほかに精神を安定させる働きがあります。

神経細胞にカルシウムイオンが出入りすることで、

睡眠時間や覚醒時間がコントロールされているためスムーズな入眠に重要なミネラルです。

 

・ビタミンB1

ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝に関わっており、疲労回復に効果を発揮します。

疲労を回復することによって疲労からくるダルさが軽減され、

起床時に無理なく起きやすくなる効果が期待できます。

 

 

・ビタミンB6

ビタミンB6とトリプトファンが一緒になることで、

初めてセロトニンが合成されます。

 

また、ビタミンB6は精神を安定させる神経伝達物質である、

GABA(ギャバ)」の生成にも関わっているため、

穏やかな気持ちで睡眠に入りやすくなることが期待できます。

 

 

・ビタミンB12

ビタミンB12はメラトニンの分泌を調整して、睡眠と覚醒のバランスを整えます。

乱れた体内リズムを正常に戻してくれる働きがあるため不眠症の緩和に繋がります。

 

 

起床時に摂取したい栄養素


朝にしっかりと栄養素を摂取することで頭をスッキリさせ、

やる気に満ちたスタートを切りましょう。

 

朝時間を活発にすることでリズムが整い、夜のスムーズな睡眠を引き寄せます。

それがまた次の朝の目覚めの良さに繋がりますので、朝の栄養摂取は重要です。

 

「起きたけどスッキリしない」、「カラダがダルい」と感じる方は、

朝食にも気を使ってみることをおすすめします。

 

・炭水化物(ブドウ糖)

脳の唯一のエネルギー源となるブドウ糖を摂取することによって、

寝起きでボーッとした脳を活性化させて行動力や集中力を高めてくれます。

 

糖質制限ダイエットで炭水化物を摂取しない形が増えていますが、

脳のスイッチを入れるには欠かせません。

 

朝はしっかり摂取して夜控えるようにするのが良いでしょう。

 

 

・たんぱく質

たんぱく質は体温を上げる能力が高い栄養素です。

体温が上がらないとなかなかカラダにエンジンがかかりません。

たんぱく質を摂取して体温が上がると、カラダのダルさも軽減されやすくなります。

 

 

・ビタミン、ミネラル類

糖質やたんぱく質の代謝にはビタミンやミネラルが欠かせません。

炭水化物やたんぱく質を素早くエネルギーに変え、朝の活動をスムーズにしてくれます。

 

また血行を促進させ、栄養や酸素を全身に行き渡らすため、

日中のパワーや集中力の向上にも繋がります。

 

ストレスに対抗する働きも期待できるので、

学校や職場に行くのが憂鬱な方はバランスよく摂取するといいでしょう。

 

朝は時間が限られているため、

サプリメントを上手に使用して補うのがおすすめです。

 


穏やかな毎日を実感する  Lトリプトファン 500mg



数多くの栄養素が凝縮された アライブ!(マルチビタミン&ミネラル)

 

まとめ


以上、寝起きを良くする栄養素についてご紹介しました。

 

朝や夕方に摂取する栄養素を意識的に変えることで、

乱れた体質が改善していき、寝つきや寝起きをスムーズなものにしてくれます。

 

またしっかりとした栄養摂取は毎日の活力を生み、

健康なカラダの維持や美容にも繋がるので、

ぜひバランスの良い摂取を心がけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です