注意!!子供のカルシウム不足が及ぼす影響や症状。

現代人に不足しがちなミネラルの一つにカルシウムがあり、

慢性的なカルシウム不足によって引き起こされる「骨粗しょう症」

「イライラ」といった症状に悩まされる方も少なくありません。

 

そしてこのカルシウム不足は現代人の大人だけの問題だけではなく、

育ち盛りの子供にもやはり影響がでてきます。

 

成長過程の子供にはカルシウムはとても重要なミネラルの一つですが、

現代の子供は慢性的なカルシウム不足と言われており、

健全なカラダの発育の妨げになっています。

 

 

そこで今回は子供のカルシウム不足が引き起こす症状や危険について、

掘り下げていきたいと思います。

 

 

カルシウムは骨の成長に欠かせない


骨の成長には脳から分泌されるホルモンが関わっており、

運動や睡眠によって分泌されることがわかっています。

 

この成長ホルモンにより、骨と骨の間の軟骨の細胞分裂を促します。

 

それを繰り返すことにより徐々に硬くなり骨が伸びて、

成長していきます。

 

この過程にカルシウムが不足していると、当然ながら骨が伸びず、

身長が伸びない「低身長」に繋がります。

 

思春期を過ぎたら骨が硬くなり骨の成長も止まってしまうため、

子供の身長を是非とも伸ばしたいお父さん、お母さんは、

子供の成長期にカルシウムが不足しないようにしっかり管理してあげてください。

 

ただカルシウムだけ摂っても骨は成長ぜず、マグネシウムやリン、ビタミンDなど、

ほかの栄養素も深く関わりをもっていますので、バランスの良く栄養を摂る必要があります。

 

まるっきり個人的な考えですが身長の大きさは人生にかなりの影響を及ぼす気がします。

僕自身、栄養をあまり摂らないで成長期を過ごしてしまったため、

カラダが大きくありません。(汗)

 

もちろん身長がすべてではありませんが、

もう少し身長があればと思う場面が多々ありますので、

このブログを読んでいるお父さん、お母さんには、

是非とも子供さんの栄養には目を見張って頂きたいと心底思います。

 

さて話をカルシウムに戻しまして、(脱線してすみません^^;)

実は子供のカルシウム不足の影響は低身長だけにはとどまらず、

ほかの症状も引き起こすこともわかっています。

 

 

危険!カルシウム不足が招く症状とは??


カルシウムの不足ときくと高齢者の問題と捉える方が多いようです。

 

しかし現代人の多くが慢性的なカルシウム不足となっていることが

厚生労働省の栄養調査でわかっており、今や高齢者だけの問題とも言えなくなっています。

 

そしてそのカルシウム不足は子供にも様々な影響を及ぼします。

 

・情緒不安定(精神的な症状)

 

イライラしてる人や怒りっぽい人をみると、

カルシウム不足では??と思ってしまいますよね?

(思わず煮干しを手渡したくなりますが。)

 

これはカルシウムが神経伝達物質のコントロールをしたり、

神経の興奮を鎮めて安定させる働きがあることから言われており、

実際に医学的に認められていることなんです。

 

子供がすぐ暴力的になったり、急に怯えたり、癇癪をおこしたり、

集中できないなどの症状は情緒不安定になっている可能性が高いです。

 

子供は感情の起伏が元々大きいので、

一概にカルシウム不足にするのはもちろんできません。

むしろ生活環境などの面が大きいかもしれません。

 

ただ、現代では幼い頃からキレやすい子供が多くなっている傾向があり、

こういった子供には栄養面からのアプローチも十分効果が期待できるのではと思います。

常に良い精神状態で過ごすためにも、カルシウムをしっかり摂取したいところですね。

 

 

・アレルギーになりやすい

 

神経細胞はカルシウムが出す「カルシウム電流」によって、

細胞から細胞に情報伝達を行います。

 

カルシウムが不足すると神経細胞や細胞間に情報が正しく伝わらず、

神経細胞から情報を受けて行動する免疫細胞が勘違いを起こし、

無害な物質や食べ物に過剰に反応してアレルギー反応としてあらわれます。

 

カルシウムは主に乳製品から摂取することが多いですが、

カルシウム不足により乳製品アレルギーになると、

さらにカルシウムが摂れず、アレルギーが悪化するという悪循環が発生します。

するとまた違うアレルギーが発生し、

まさにアレルギーがアレルギーを呼ぶ恐ろしい状況に陥ります。

 

昔には少なかった子供のアトピーや花粉症の症状も、

現代人におけるカルシウムの不足が引き金になっている可能性は十分大きいと思います。

 

これは胎児や授乳期の時から影響することなので、

妊娠中や授乳中の時にもしっかりとしたカルシウム摂取が大切です。

 

 

・顎や歯の弱体化

 

慢性的な不足が続くと骨や歯の密度が低下し、

丈夫な顎や歯の形成に悪影響を及ぼします。

 

食事を噛む力が弱まったり、歯が欠けやすくなります。

噛むことは脳を活発にしたり、消化吸収をよくしたり、

虫歯や歯周病の予防に効果的です。

逆に噛む力が弱いと、消化不良になり消化吸収が正常にされなかったり、

よく噛まないため満腹と感じづらく、太りやすくなります。

 

また丈夫な顎と歯は運動力の向上にも働くとの意見もあるため、

スポーツをやっているお子さんはしっかり摂取しておきたいですね。

 

 

 

カルシウムが不足する原因


現代人のカルシウム不足は主に食生活の変化によるものが大きいです。

 

とくに現代に溢れている加工食品や清涼飲料水、お菓子類などには、

カルシウムの吸収を阻害するリン化合物であるリン酸塩が大量に使用されています。

 

もはや加工食品を口にしない日はほとんどなく、

常にカラダにリン酸塩が蓄積する状態です。

 

リンは骨の形成には欠かせないミネラルの一つですが、

現代人は過剰摂取に注意しなければなりません。

 

とくにお子さんの加工食品やお菓子の食べ過ぎは、

カルシウム不足を招き、成長に影響を与えますので、

食事やサプリメントでの摂取が非常に効果的と言えます。

 

 

 

おすすめ成長サポートサプリ3選


・アスミール

子供の成長期飲料として大注目の「アスミール」

アスミールは牛乳に混ぜて飲む粉末タイプで手軽に飲めます。

また常にランキングの上位に君臨しており、

メデイアでの紹介もされています。

 

アスミール 詳細はこちら

 

成長に必要なカルシウムや亜鉛、ビタミンDなどをほぼ含み、

コップ1杯で1日の8割も摂れるほか、

カラダのづくりに欠かせないアミノ酸の「アルギニン」も配合!

 

定期コースは初回限定で半額で購入でき、

1ヶ月あたり68円ほどで始められるのも魅力ですね!

専用シェイカー付き!

 

続いては、

・カルシウムグミ



すくすく成長するように栄養バランスを追求して開発された製品です。

 

名前のとおりグミタイプで、

乳製品が摂れないお子さんでもカルシウムが摂取できるようになっています。

また安全性の高い植物性のカルシウムを採用していることもポイント。

 

好き嫌いの多い子供が摂取しづらい亜鉛やマグネシウムもしっかり配合!

 

モンド・セレクションの最高金賞をなんと7年連続で受賞しており、

その実力は折り紙付き!

 

定期コースは毎回5%OFFとなり送料無料です。

また初回限定は1000円OFFとなり、1ヶ月あたり113円ほどの経費となります。

 

最後は、

【せのびと~る】

せのびと~るはタブレットタイプの身長サポートサプリメント!

カルシウムや亜鉛はもちろん、成長に欠かせないアミノ酸の「アルギニン」や、

筋力アップに必要な必須アミノ酸の「BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)」も配合。

またカルシウムとともに骨の成長や骨密度を高める働きがあるペプチドたんぱく質の

「ボーンペップ」が更なる成長を促します。

味も数種類から選べ、お子さんも飽きずに続けられるのも大きなポイントです。(続けなければ意味がないので)

ちなみに、せのびと~るは2016にモンド・セレクション銀賞受賞を受賞しており、

品質の高さをしっかりと示しています。

 

トクトクコースだと初回が驚愕の84%OFFの980円(税込・送料無料!)

かなりお得に始められ、2回目以降も10%OFFで使用できます!

 

【せのびと~る】を詳しく見る

 

以上、タイプの異なる商品をご紹介しました。

お子さんの性格や生活スタイルはもちろん、金額も吟味してお選びくださいね。

 

 

まとめ


カルシウム不足はカラダの発育不全や精神状態に深く関わっているほかに、

アレルギーの引き金にもなります。

 

もちろんカルシウムの摂取だけに限らず、

様々な栄養をバランスよく摂ることが大切です。

 

また睡眠や運動も丈夫なカラダづくりに欠かせませんので、

お子さんとコミニケーションを取りながら一緒に取り組むことが大切と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です