熱中症の対策に必要な栄養素は??塩分が必要な理由と摂取方法。

暑い夏には熱中症対策は欠かせませんが、

熱中症の予防で1番大切なのが水分の補給です。

そして次に大切なのが、熱中症対策に合った栄養補給です。

 

とくに普段嫌遠されがちな「塩分」の摂取は熱中症対策に欠かせなく、

水分の摂取ほど大切です。

 

今回は暑い夏の熱中症対策に必要な栄養素についてご紹介します。

 

 

熱中症対策で摂取したい栄養素


熱中症の対策でとくに摂取したい栄養素はミネラル類です。

実は熱中症にかかるときは水分だけではなく、

ミネラル類も失われています。

 

なので熱中症にかかったときはミネラル類の補給は非常に大切です。

 

熱中症にかかると筋肉がつったり痙攣する場合がありますが、

それはミネラルのマグネシウムが不足しているサインです。

 

マグネシウムは筋肉の弛緩に必要で不足すると、

筋肉が硬直してしまいます。

またマグネシウムは多くの栄養素の代謝に必要なミネラルで、

血圧や体温の調節にも深く関わっています。

暑い夏場は汗とともに体外にでていってしまうため、

マグネシウム不足になりがちです。

夏のレジャーや外での仕事がある方は積極的にマグネシウムを補給して、

夏バテを防止してください。

 

カリウムも熱中症対策に欠かせないミネラルです。

カリウムの不足によって細胞内での脱水症状が引き起こされ、

体内組織の機能低下に繋がります。

内蔵の機能障害や体温調節機能にも影響がでますので、

しっかりと摂取する必要があります。

 

カリウムはほうれん草や海藻類、果実や芋類に多く含まれます。

煮たり茹でたりすると成分が溶け出し、

食べ物自体のカリウム含有量が減少してしまうため、

スープや味噌汁で摂取すると無駄なく摂取できるのでおすすめです。

 

ミネラルとは別になりますが、

ビタミンB群も熱中症の予防に摂取したい栄養素です。

 

とくにビタミンB1は糖質の代謝にかかわっていて、

不足しているとエネルギーが上手く生成されず、

常に疲れやすいカラダになります。

疲労がたまると免疫力の低下から熱中症や風邪にかかりやすくなりまので、

ビタミンB1をしっかりと摂取してください。

疲れているときに豚肉やうなぎが効果的と言われているのは、

このビタミンB1が含まれているからで熱中症に強いカラダづくりに最適です。

 

またクエン酸もスムーズなエネルギー生成に欠かせなく、

熱中症の予防にピッタリな栄養素です。

 

梅干しやレモンなどに含まれているため、

熱中症対策として是非摂取してください。

福梅本舗の紀州梅干しは色々な種類の梅干しが味わえるため、

飽きがこなくとてもおすすめです。

 

梅干しやレモンが苦手な方はサプリメントで摂取するといいですね。
クエン酸 100%ピュアパウダー


パウダー状のサプリメントです。

部活や仕事、スポーツ時に摂取する飲み物に溶かして飲んでください。

冗談抜きで酸っぱいですがしっかりと疲労回復に活躍しますよ!

 

 

熱中症対策に塩分が必要な理由とは??


汗を大量にかくと体内の塩分が汗とともに流れ出ます。

 

そこに水分だけを摂取すると血液中のナトリウム濃度が低下して、

低ナトリウム血症」を引き起こします。

 

症状としては頭痛や目眩、吐き気や痙攣、昏睡のほか、

人格変化や意識障害などの精神異常もみられ、

最悪の場合では死に至ります。

 

なので熱中症対策や回復には水分はもちろん、塩分もとても重要です。

 

脱水症状の際には塩分を摂取すると回復も早まると言われていますので、

汗をたくさんかいた時は意識的に塩分を摂取してください。

 

外の仕事の方はお昼に少し味付けの濃いものを食べると、

仕事中に失った塩分を補給できます。(食べ過ぎは禁物)

その際は水分もしっかり摂取してください。

 

また今は多くの企業から塩飴が数多く発売されていますよね。

塩分のほかエネルギーの元になる糖分も摂取できるので、

そちらを活用するのもいいですね。

 

 

まとめ


以上、熱中症対策に必要な栄養素をご紹介しました。

 

水分のだけを摂取するのではなく、

ミネラルやビタミン、クエン酸をしっかり摂取することにより、

熱中症の予防や強いカラダづくり繋がります。

 

また毎日の食生活も熱中症の予防重要ですので、

日頃からのバランスのとれた食事の摂取を心掛けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です