現代でもか脚気にかかる可能性がある!?原因はビタミンの不足。脚気にかからないためには栄養素の摂取が大切!

江戸時代から昭和初期に「脚気」という病気が流行し、

多くの死者を出したと言われています。

かつては原因不明の疾患として恐れられていましたが、

研究によって栄養素の不足が原因となっていることが特定されました。

 

飽食の時代とも言われる現代日本において、

栄養不足による病気はもはや無縁ではないかと思われるかもしれません。

 

しかし、脚気は油断していると現代でも発症する恐れのある病気なんです。

 

それの原因として挙げられるのが食生活の乱れによる栄養不足ですね。

 

食生活の乱れが目立つ現代人の中には、

脚気予備軍が増えていると言われていますので、用心するに越したことはありません。

 

今回は脚気と栄養素の関係についてご紹介していきます。

 

 

脚気を引き起こす原因は偏った食事生活やダイエットによるビタミン不足


現代人の脚気の原因としては、

食事の偏りや過度のダイエットによる栄養不足によって引き起こされる可能性が大きいです。

 

とくにビタミンが関係しており、その中でも水溶性のビタミンである、

ビタミンB1」の不足によって発症します。

 

水溶性のビタミンB1はカラダに蓄えられないことや、

調理の際に、栄養が失われやすいことが挙げられ、

非常に取り入れづらく、不足しやすい栄養素と言われています。

 

ビタミンB1は、糖質の代謝に関与しており、

皮膚や粘膜の健康維持、糖質をエネルギーとしている脳神経系の健康維持にも関係しています。

 

ビタミンB1は主に豚肉やうなぎなどの動物性の食事から摂取できますが、

コンビニ食品やインスタント食品を毎日大量に摂取する偏食や

肉類を摂取しない、または、誤ったダイエット方法を長期間続けている方は、

ビタミンB1が不足しがちになっている可能性が高いです。

 

コンビニ食品やインスタント食品、ファストフードは、

ビタミンやミネラルは少なく、糖質や脂質、添加物が多い傾向があります。

 

糖質や脂質の代謝にはビタミンやミネラルが使用されますし、

添加物を体外に排出させる際にもビタミンやミネラルが使用されます。

 

ビタミンやミネラルが減少すると代謝がスムーズに行われないので、

エネルギー不足や肥満、病気のリスクが高まるなど悪影響が出るのは当たり前ともいえます。

 

最近の野菜ばかり使用する長期間の菜食ダイエットも、

ビタミンやミネラルの偏りや不足は避けられません。

 

また、アルコールや甘いものが大好きで、過剰に摂取してしまう方も、

代謝や分解にビタミンB1が多く使用されますので注意が必要です。

 

脚気の症状を見逃さない!カラダのだるさに要注意!


脚気の初期症状として、食欲不振や全身のだるさ、下半身の倦怠感があります。

 

それが進行していくと、足のしびれやむくみ、感覚の鈍化や麻痺、

動悸や息切れの症状へと発展していきます。

さらに悪化していくとカラダに力が入らず、寝たきりや心不全に繋がっていきます。

 

また、ビタミンB1の不足は、

ウェルニッケ脳症」と呼ばれる神経障害を引き起こす可能性もあります。

ウェルニッケ脳症の特徴としては、

記憶障害、眼球運動障害、運動失調などが挙げられます。

 

そのウェルニッケ脳症の後遺症には「コルサコフ症候群」があり、

見当識障害、記銘力低下、作話などの症状がみられるとされていますので、

カラダの異常なダルさがあるときには脚気の他に、

これらの発症にも注意が必要ですね。

 

脚気の判断は膝の下を叩いてチェックしてみる


脚気の検査はいたって簡単で単純です。

その検査法は、膝の下のくぼみを叩いてみて、

足が自然に跳ね上がらないという検査法です。

 

脚気にかかる気配のない健康な人は、

膝下のくぼみを叩くと足が自然に跳ね上がります。

 

これを「膝蓋腱反射」と呼びますが、

脚気にかかっているとこの反射が鈍くなり、

膝下を叩いても足が跳ね上がらなくなります。

 

自分でチェックしてみて、この反射がないことに加え、

カラダや下半身の異常なダルさや感覚の麻痺がある場合は、

病院での検査を受けることをおすすめします。

 

まとめ


脚気は以前、国民病として考えられていましたが、

現代ではあまり発症する機会はなくなりました。

 

しかし、今度は飽食によっての食事のバランスが乱れや、

間違ったダイエットにより栄養不足陥り、脚気予備軍は増え続けているようです。

 

脚気を発症しないためにはビタミンB1の摂取も大切ですが、

栄養のバランスを考えて日々の食生活を見直すことも非常に大切です。

毎日の事なので食事で補えない分もやはりでてきますよね。

その際は、サプリメントを上手に利用して、栄養素を摂取するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です