現代でも壊血病は発症する!?ビタミンC不足は壊血病の原因!

壊血病は16世紀から18世紀の大航海時代に恐れられた病気に「壊血病」があります。

 

過去の病気と思われますが、

実は現代人にも壊血病になる可能性があると言われています。

 

壊血病にはビタミンC摂取が関わっていますが、

現代人の偏食による栄養バランスの乱れや、

過剰なストレスによってビタミンCが失われるため、

壊血病のリスクは上昇しているとも言えます。

 

今回は壊血病とビタミンCについてご紹介していきます。

 

 

壊血病の原因は極度のビタミンC不足が原因


壊血病の原因は体内のビタミンCが長期間不足することによって起こります。

 

ビタミンCが極度に不足し壊血病になると、

全身の毛細血管の結合組織が脆くなり、出血が止まらなくなります。

 

ビタミンCは細胞と細胞を繋いでくれているコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。

コラーゲンは健康で強い血管や皮膚や筋肉の結合組織を作りますが、

ビタミンCが不足するとコラーゲンも不足してしまい、皮下や歯茎から出血が止まらなくなります。

 

また、免疫機能も低下してしまうこともあり、

感染症などにかかりやすくなってしまいます。

 

 

壊血病の主な症状


初期症状としては、

粘膜の出血や筋肉の痛み、倦怠感や体重の減少が見られます。

 

その後は、皮膚の角質化、歯肉の腫れや出血、筋組織内の出血が見られるようになり、

更には、歯の抜け落ちや内蔵からの出血、骨粗しょう症やむくみなどが見られるようになります。

 

症状の悪化は命を落とす危険性もあるので、

ビタミンCを意識的に摂取して壊血病を予防することが重要になります。

 

 

現代人も油断はできない壊血病のリスク


壊血病は昔の病気ですし、飽食と言われている現代日本では、

全く関係ないのではないかと思われるかもしれませんが、

実は日本でも壊血病のリスクは潜んでいます。

 

現代ではファストフードやコンビニ食品、インスタント食品が多く流通しており、

口にする機会がどうしても多い環境にいます。

手軽に食べられることもあり、これらの食品に依存して、

毎食ファストフードやコンビニ弁当、インスタント食品を摂取している方も少なくありません。

 

これらの食べ物には添加物が多いため、長期間の過剰摂取は、

体内のビタミンやミネラルを排出させてしまう恐れがあり、

ビタミンやミネラルの欠乏症のリスクを上昇させてしまいます。

 

また、ストレス社会と言われる現代では、過度なストレスを受けることが多いですよね。

ストレスを受けると体内のビタミンCが消費されますので、

長期間のストレスはビタミンCの不足に繋がります。

 

長期間ストレスを受けている人は、何らかの形でストレスを軽減させる必要があります。

 

その際、喫煙やアルコールで紛らわしてしまうと、逆にビタミンCを消費してしまいますので、

タバコやお酒の摂取量にも注意が必要です。

 

壊血病は徐々に進行していく病気とも言われていますので、

本人が気づかないうちに重症化していると言うこともあるようです。

 

対策としては、ビタミンCを意識的に毎日摂取する事ですので、

日々の食事に取り入れていくことが大切になります。

まとめ


以上、

ビタミンCと現代の壊血病のリスクについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

現代で壊血病になることはほとんどないようですが、

少しぶつけたでけで内出血してしまうという早期の兆候がみられる方が増えているため、

油断は禁物と言えます。

 

飽食の現代では、カラダに良いものや、あまり良くないものが個人で自由に選べますが、

その分、日々の食に対する自分にカラダへの責任が大きくなったとも言えます。

 

ビタミンCは普段不足しやすい栄養素ですので、

意識的に食事やサプリメントで摂取して、現代での壊血病を防ぐことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です