男性不妊は栄養不足が原因かも!?健康な精子を増やす栄養素とは??


1.現代人に増えてきた男性不妊


最近では不妊治療の理解が進んできて、国や自治体でも「不妊治療助成金」などを助成する動きも目立つようになってきましたね。

 

少し前までは、子供ができない、いわゆる「不妊」は女性側に何かしらの原因があるという考えに根強かった記憶があります。

 

しかし、近年ではそのパートナーである男性にも原因があるのではないかと言われており、10人に1人が精子に何らかの問題を抱えています。

 

男性不妊の原因には「乏精子症」や「無精子症」などの症状があり、名称自体で男性のプライドはガタガタになります。

 

ただ、赤ちゃんを授かるのにめげている場合ではなく、少しでも正常な精子を作る必要があります。

 

そこで、今回は精子の質や量を高める効果が期待できる栄養素についてご紹介していきます。

 


2.男性不妊の種類を知っておく


男性の不妊は、女性の不妊よりも原因の特定や治療がしやすい傾向があります。

 

女性の妊娠には、子宮や卵巣、卵管など原因の特定が難しい一方で、男性は「精子を作り出す機能」に問題があるケースが多いと言われています。

 

・男性不妊に多い造成機能障害


男性不妊の約9割は造成機能障害とも言われています。

 

この造成機能障害は、精子を作り出す機能に問題が生じ、精子がスムーズにつくれない状態になることを表しており、その症状によっていくつかの種類に分けられます。

 

・無精子症

精液の中に、精子が1匹もいない状態です。

通常であれば、1回の射精で約2億匹の精子がでると言われていますので、1匹も存在していない状態であればやはり受精不可能です。

 

造成機能障害の中でも、もっとも重い症状とされていますが、精巣や精巣上体に精子が存在しているのであれば、取り出して顕微受精での妊娠が可能です。

 

 

・乏精子症

精液内に存在している精液の数が、基準を少し下回っている状態や、非常に少ない状態の人をいいます。

 

数が極端に少ない場合には、体外受精や顕微受精などで妊娠が可能です。

 

精子の数が少なくても精子が活発で、運動率に問題がなければ自然妊娠することも可能です。

 

 

 

・精子無力症

精液の中に、精子が通常数存在しているものの、運動率が悪い状態です。

運動率が悪いと、卵子に向かって高速で泳ぐことが難しいため、妊娠しづらい状況になってしまいます。

 

タイミング法や人工授精で妊娠しない場合は、体外受や顕微受精を試みるケースもあります。

 

 

・その他の男性不妊


造成機能障害の他にも、男性不妊に繋がる症状があります。

 

・閉塞性無精子症

精子が通る道が炎症などによって塞がれてしまい、精液の中に精子が存在していない状態です。

 

・精索静脈瘤

精巣の温度の上昇などにより、精巣が発育不良に陥り、状態の良い精子の生成が困難になる状態です。

 

・勃起不全

説明不要の症状ですね。男のプライドがズタボロです。

⇒勃起力を向上に欠かせない栄養とは??男力を底上げする栄養素を摂取しよう

 

・膣内射精障害

膣内での射精ができない状態で、オナニーのやりすぎが原因でなる場合が多いです。

 

・先天性によるもの

先天性の異常が原因の場合もあります。

スムーズに精子が作られなかったり、精巣などにたまった状態などの症状がみうけられます。

 

 


3.男性不妊の治療


男性不妊の治療には、PDH-5阻害薬や抗うつ剤などの服用のほか、内分泌療法などを行うケースがあります。

 

しかし、造成機能障害の男性には、決定的な治療方法がないのも事実なようです。

 

ただ、食事内容の見直し、漢方薬やサプリメントの使用によって改善することがあり、効果が期待できます。

 

その際には、ビタミンやミネラルの排泄を促す、飲酒や喫煙などの生活習慣の見直しも重要になってきます。

 

これらの方法を試しても改善がされないとき場合は、体外受精や顕微受精に移行するケースが多いようです。

 


4.精子に良いとされる栄養素とは??


乏精子症や精子無力症といった造成機能障害は、食事療法や栄養摂取が効果的だというデータがあり、精子の量や質の向上に欠かせません。

 

・たんぱく質

たんぱく質はカラダをつくる時に欠かせませんが、実は精子の源にもなっています。

 

肉や魚、卵に含まれる動物性たんぱく質と、豆腐や納豆に含まれる植物性たんぱく質がありますのでバランスよく摂取することを意識しましょう。

 

たんぱく質が足りないとカラダの不調や精子の生成にも影響を及ぼす可能性がありますので、毎日こまめな摂取が必要です。

 

現代人はたんぱく質の摂取量が少ない傾向がありますので、日々の食事にプロテインをプラスして、足りない分を補うのがおすすめです。

 

⇒運動やスポーツ後のたんぱく質補給に!海外おすすめプロテイン3選!!

 

 

・ビタミン、ミネラル

健康的な精子の生成にはビタミンやミネラルの摂取が欠かせません。

 

ビタミンとミネラルをしっかり摂取することで、高齢なった際の精子DNAの損傷の改善にも効果的と言われています。

 

また、たんぱく質をスムーズに代謝するにも、ビタミンやミネラルは必要なのでしっかり摂取しましょう!

 

とくに、ミネラルの亜鉛は精子の鞭毛(べんもう)の形成に必要な栄養素で、精子の運動率を高める効果が期待できるので不足しないように意識してください。

 

瀬戸内海産牡蠣エキス+マカ+高麗人参配合【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】

 

⇒味覚障害や脱毛症、それって亜鉛不足かも!?男性は前立腺の障害にも注意!!

 

 

栄養素をしっかり摂取することは大切ですが、甘いものの食べ過ぎ、過剰な喫煙やアルコールの摂取を控えることも重要です。

 

これらを日常的に摂取していると、ビタミンやミネラルが著しく消費され、健康的な精子の生成や勃起力に悪影響が及ぶ可能性がありますので、不妊に悩む人は控えたほうがいいでしょう。

 

 


まとめ


以上、男性不妊と栄養素についてご紹介しました。

 

世界的に増える不妊を改善していくには、女性だけではなく、男性の体質改善も必要です。

 

元気な精子を作るために暴飲暴食を避け、睡眠をしっかりとり、バランスの良い栄養摂取を心がけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です