目の充血がひどい!目に必要な栄養素が不足しているかも??重要なビタミンとは??

パソコンやスマホが普及した現代では、

眼精疲労が蓄積しやすく、視力の低下やドライアイに悩まされる方は増加しています。

 

また偏食やダイエットによる栄養不足が原因で目が見えづらくなったり、

目が真っ赤に充血するといった方も多いですよね。

 

とくにビタミン類の摂取は欠かせなく、

不足すると目の充血のに留まらず、カラダ全体に影響を及ぼします。

 

 

人と会話をするとき目をみて喋る機会が多いと思いますが、

その時に異常に目が充血していると相手もびっくりしてしまいます。

相手の方に良い印象を残すためにもできるだけ綺麗な目を維持したいものです。

 

⇒疲れ目や視力の低下、充血におすすめのサプリメント

 

なので今回は目の疲れや充血に良いとされる栄養素について、

ご紹介していきたいと思います。

 

 

目の充血時に摂取したい栄養素


・ビタミンA(β-カロテン)

ビタミンAはカラダの粘膜を強化する働きがあり、

目の粘膜の保護にも働き、ドライアイの症状の緩和に作用するほか、

夜間に視力が低下する「夜盲症」の予防や改善にも働きます。

 

目の乾燥は異物感やかゆみ充血を引き起こすため、

十分に注意したいところです。

 

ビタミンAはレバーうなぎ、卵黄や牛乳に含まれていますが、

過剰摂取は頭痛や吐き気の原因となります。

 

一方、緑黄色野菜に含まれる赤色の色素である「β-カロテン」は、

体内に入ると必要な分だけビタミンAに変換され体内で使用され過剰摂取の心配がありません。

 

また抗酸化作用が強いため、ストレスや紫外線で生成される活性酸素を除去し、

目やカラダの老化を防止します。

 

 

・ビタミンB群

ビタミンB群は眼精疲労にとても重要な栄養素です。

とくにビタミンB1、B2、B6、B12は目の働きによく関わっています。

 

ビタミンB1は目の疲労を緩和し目の筋肉の緊張をほぐし、やわらげます。

また視神経の伝達機能に働き視力の低下を防ぎます。

 

ビタミンB2は疲れ目が原因となる充血の解消に作用するほか、

視神経の機能向上や細胞の再生に働き、視力の回復に効果が期待できます。

 

ビタミンB6は目のピント調節機能を司る、

毛様体筋や水晶体の主成分であるコラーゲンの生成に欠かせない成分。

視神経の代謝に大きく関わっていて目の免疫力の強化に働きます。

 

ビタミンB12は血液中のヘモグロビンの生成をサポートし、

目に酸素や栄養を運ぶために欠かせない栄養素です。

眼底には毛細血管が数多く存在し、酸素や栄養が絶えず送られています。

目の細胞の新陳代謝や健康に非常に重要な栄養素と言えます。

 

・ビタミンC

ビタミンCは眼球内に最も多く存在しているビタミンです。

ビタミンCの不足はピント調節機能の低下を招き、

疲れ目による充血に繋がります。

またコラーゲンの生成に欠かせない成分で強く弾力のある毛細血管を作り、

目に血液を送ります。

目の水晶体は紫外線や光のストレスに常にさらされており、

ビタミンCの不足が長期にわたると、

白内障や老眼などを引き起こす可能性があるため毎日の継続的な摂取が必要です。

 

 

・ルテイン

抗酸化作用が非常に強く、

活性酸素による目の血管の老化を防ぎます。

目の毛細血管が老化すると目の隅々まで栄養がいかなくなり、

充血どころか飛蚊症や白内障、緑内障などの眼病を招きやすくしてしまいます。

 

 

・アントシアニン

目の網膜に存在する「ロドプシン」は光の情報を電気信号に変換し、

脳に伝え、「目が見える」状況をつくる物質です。

ロドプシンは光を電気信号に変えるたびに分解と再合成を繰り返しますが、

目を酷使することによりロドプシンの合成が間に合わなくなり、

疲れ目に繋がり充血を招きます。

アントシアニンはロドプシンの再合成を促進させます。

 

⇒疲れ目や視力の低下、充血におすすめのサプリメント

 

 

まとめ


目の充血は栄養不足や眼精疲労のサインです。

現代人は長期間目を使用し続ける事が多く、

知らず知らずのうちに酷使しています。

 

上記の栄養素をしっかり摂取して目に栄養素をおくるのはもちろんですが、

たまにはスマホやパソコン、TVなどはお休みして目をいたわってあげることも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です