目の疲れを放置していると充血やかすみ目だけではなく頭痛や肩こりも引き起こす!?

スマホやパソコンの普及によって現代人の目は酷使され、慢性的な疲れ目になっている方も多いのではないでしょうか。

 

現代人の悩みの1つである疲れ目ですが、実はこの疲れ目を放っておくと、目の充血やかすみ目、頭痛や肩こり、イライラなどカラダの不調に繋がることがあります。

 

⇒目の疲れ、視力の低下を感じたらコチラの記事

 


疲れ目とスマホ&パソコン


疲れ目は、目の焦点を合わせる筋肉の「毛様体筋」が緊張してしまうことで起こります。

 

その緊張度合いは近いものを見るにつれて大きくなると言われており、その時間が長ければ長いほど、目の負担がどデカイものとなり、目に疲労が蓄積します。

 

また、スマホやパソコンの画面を長時間見ていることで、目の焦点が一点で固まって遠近のピントが合わなくなる「ピントフリーズ現象」と呼ばれる症状にも繋がります。

 

⇒ピントフリーズ現象に効果的な栄養素とは??

 

そのほかスマホやパソコン、LED照明からでる「ブルーライト」は体内の活性酸素を増やし、白内障や緑内障の眼病を招いたり、カラダの老化を促進させる恐れがありますので注意が必要です。

 

スマホやパソコンでの疲れ目を軽減するには、やはり適度な休憩が必要で、15分に1回、1分程度の休憩をするだけでも疲れ目の軽減につながります。

 

遠くを見たり、目をつむったりして毛様体筋を休ませるほか、目の周りのマッサージや昼休みに温めたタオルを目の上に乗せるなどして目のコリをほぐすといいでしょう。


疲れ目とメガネの関係


スマホやパソコンとは別に現代人の疲れ目を悪化させる意外なものがメガネです。度数が合っていれば、問題はあまりないのですが、近視や乱視の進行により度数が合わなくなってくると、目に負担がかかり疲れ目の原因となります。

 

また、老眼の進行が進んでいる方も目に負担がかかりやすく、知らず知らずのうちに疲れ目になってしまうケースがありますので、年に1回でもいいので眼科での検診をするといいですね!

 


疲れ目を放置すると眼精疲労に繋がる


継続的な疲れ目を放置していると眼精疲労に発展する可能性が高くなります。

 

眼精疲労になると、目の奥の痛みや目のかすみといった疲れ目の症状のほかに、肩こり、頭痛、不眠、吐き気、食欲不振を引き起こします。

また、眼精疲労からくるストレスや不安感から自律神経に影響を及ぼし、イライラやうつ病のような症状に発展する可能性があると言われています。

 

そのほか、眼精疲労はドライアイの原因になり、さまざまな眼病の引き金になりますので注意が必要です。

 

 


まとめ


目の疲労は現代社会では日常的に起こるため、いつものことと軽視しがちですが、放置するとカラダにさまざまな悪影響を及ぼします。

 

ただの疲れ目とたかをくくらず、目をいたわったり、眼科で検診するなどして眼精疲労に繋がらないようにしましょう。

 

また、目の健康には休息のほかに、規則正しい生活や栄養摂取も重要になりますので、是非意識して目をいたわってあげて下さい!

 

⇒目の疲れや視力の低下を感じたらブルーベリーやビルベリーに含まれる「アントシアニン」が効果的!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です