糖質の摂り過ぎは病気や健康トラブルの元になる!?

糖質はヒトのカラダにとって欠かせないエネルギー源として知られていますよね。

しかし、糖質を必要以上に摂取してしまうと肥満の他に、カラダの不調や病気などのリスク上昇に繋がります。

 

また、現代人の食生活は糖質を摂取しすぎてしまう傾向があるため十分に気を付けなければいけません。

今回は糖質摂り過ぎが引き起こす症状や病気、そのメカニズムについてご紹介していきたいと思います。

 

 

そもそも糖質ってなに??


糖質は、たんぱく質や脂質と同じ三大栄養素の1つで、生きるために必要なエネルギーの原料になります。

糖質ときくと甘い砂糖や果物を連想しますが、日本人が多く摂取する、白米やパン、麺類、イモ類などにもデンプンという形で多く含まれています。

 

糖質が不足してしまうと脳やカラダを動かすエネルギーが不足してしまうため、重い疲労感や集中力の低下がみられることが多くあります。

とくに脳のエネルギー源となるブドウ糖が不足し、供給が著しく低下してしまうと、意識障害を起こすとも言われています。

 

そんな役割を担う一方で、過剰摂取によって消費しきれなかった糖質は脂肪として体内に蓄積され、体重の増加や肥満、生活習慣病などの引き金になります。

 

 

糖質の過剰摂取は多くのリスクがある


最近糖質の過剰摂取で多く取り沙汰されるのはやはり肥満です。

少し前までは脂質の過剰摂取と肥満が結びつくイメージが強かったのですが、最近では糖質の過剰摂取と肥満が結びつくイメージもだいぶ強くなったように思います。

摂取した糖質は小腸で分解されてから吸収され、肝臓を通過した後、一部は血液にのって全身を動かすエネルギー源となります。

残りは肝臓や筋肉に「グリコーゲン」として蓄えられ、エネルギーが不足した際に使用されます。

しかし、グリコーゲンとしても蓄えられる以上の糖質を摂取した場合は、中性脂肪として肝臓やカラダの脂肪細胞に蓄積されます。

この過剰摂取が長期間にわたり脂肪が大量に蓄積されると、肥満や脂肪肝といった症状に繋がっていきます。

 

さらに、糖質の過剰摂取は「糖化」を引き起こす事でも知られています。

 

糖化は血液中のブドウ糖がたんぱく質と結合し、体温で熱せられることで起こります。

 

糖化が起こると、「AGE終末糖化産物」という非常に強い毒性を持った物質が体内で生成され、肌や骨などのカラダの細胞の老化を引き起こすと言われており、血管に蓄積することによって、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になりうるとも言われています。

 

老化はもちろん避けたいですが、命の危険にまで発展しかねない大病の引き金になる糖質の過剰摂取はやはり恐ろしいと考えておくべきですね。

血糖値の上昇により高血糖を引き起こす


糖質を必要以上に過剰摂取していると、血糖値のコントロール機能が上手く働かず、「高血糖」という常に血糖値が高い状態になってしまいます。

この高血糖がずっと続く状態が生活習慣病の1つである「糖尿病」なのです。糖尿病は様々な合併症を引き起こす厄介な病気ですので気を付けたいものです。

 

糖尿病が強く疑われる糖尿病予備軍の現代人は男性で19.5%、女性で9.2%ほどと言われています。

 

 

血糖値の数値には正常型、境界型、糖尿病型と分類されており、境界型を経て糖尿病型に移行していきますので、境界型に当てはまる方は糖尿病予備軍であると言われています。

 

糖尿病の初期症状として多くみられるのが、食後に血糖値が急上昇する「食後高血糖」があります。

 

血糖値が急激に上昇すると、それを下げるために「インスリン」が大量分泌されます。

 

インスリンは脂肪を体内に溜め込む働きがありますので、ダイエットをしている方はもちろん、メタボを気にしている方も気を付けたいところです。

 

また上記したように高血糖が招く糖尿病は、網膜症や腎症、神経障害の合併症を伴うこともあるほか、脳卒中や心臓病のリスクも高めてしまいますのでこちらも注意が必要となります。

 

 

日常に有酸素運動を取り入れる


有酸素運動は血糖値を下げるのに有効でとても効率的だと言われています。

 

代表的な有酸素運動はウォーキングや水泳、サイクリングなどがありますが、運動やスポーツに慣れていない方は負担の少ないウォーキングから初めてみるのがいいでしょう。

 

目安としては15~30分程度を無理なく1日2回程度行うと良いのですが、何よりも継続が大切なので、毎日続けられる範囲で調節していくことが大切です。

 

カラダが慣れてきたら少しずつ運動時間や負荷を増やしていくといいですね。.

 

まとめ


以上、糖質の過剰摂取とそのリスクについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

糖質の摂取を上手にコントロールしたり運動を取り入れて上手に糖質と付き合っていきたいものですね。

 

またビタミンやミネラルといった糖質を代謝してくれる栄養素を不足しないように摂取することもとても大事なので、バランスのとれた食事を日々心掛けるといいでしょう。

 

食事が偏りがちな方は、サプリメントを上手に使って効率的に栄養素を摂取するのがおすすめです。

アダム 男性用マルチビタミン&ミネラル タブレット


スペクトロ ウーマン(70種類以上の成分が凝縮 女性用マルチビタミン&ミネラル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です