胃の病気やトラブルにビタミンU(キャベジン)が有効な理由とは??

皆さん「キャベジン」ってご存知ですよね?

 

そうです、ウルトラ有名な胃薬の名前です。

 

実はこのキャベジンという名前は胃薬のほかに、

キャベツから発見された栄養素の「ビタミンU」という物質の別名でもあるんです。

 

キャベツから発見されてキャベジンとは何ともお茶目な気がするのは僕だけでしょうか?

 

ビタミンUは胃のトラブル全般に有用性があるとされ、

消化不良や胃のむかつきがある方は意識的な摂取が薦められます。

 

今回はそんなビタミンUについて掘り下げたいと思います。

 

ビタミンUとは??


ビタミンUはキャベツ汁から発見された物質で別名「キャベジン」と呼ばれ、

体内ではビタミンと似た作用をすることからビタミン様物質として扱われています。

 

ビタミン様物質についてはコチラ

 

ビタミンUの名前は、英語で書くulcus(潰瘍)」の頭文字からとってつけられました。

 

別名のキャベジンから分かる通りキャベツに多く含まれており、

粘膜を保護、強化し胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを含めた胃腸のトラブルの予防に働くとして知られています。

 

胃や腸は人体において重要な役割を担っていますよね。

胃腸を健康に保つことは、全身の健康にも繋がりますので、

ビタミンUの摂取は非常に重要なモノといえます。

 

 

ビタミンUの働きは??


ビタミンUは粘膜の新陳代謝を促し、保護する働きをします。

また胃酸の抑制に作用する為、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防に効果的です。

 

 

健康の状態なら胃の壁は胃酸傷つくことはほとんどありませんが、

ストレスや食生活の乱れなど様々な要素で胃粘膜が傷つき、

それが悪化して潰瘍に発展します。

その際にビタミンUは胃酸の分泌を抑え、傷ついた胃粘膜を修復してくれます。

 

ビタミンUが不足していると胃が軟弱になるため、

粘膜が傷つきやすくなったり、潰瘍の修復ができず悪化してしまう可能性があります。

また胃酸の分泌が多くなり、胃酸に弱い十二指腸の粘膜を傷つけてしまい、

十二指腸潰瘍を起こしてしまいますので、ビタミンUの不足には注意が必要です。

 

その他では粘膜組織へ栄養を運ぶ役割や、

活性酸素を取り除きカラダの老化を防ぐ働きもあるため、

胃腸の健康維持はもちろん、抗老化にも大切な栄養素といえますね。

 

その他では

 

ビタミンUを含む食べ物は??


ビタミンUを含む食べ物として、

キャベツのほか、パセリ、レタス、セロリ、アスパラガス、

青のり、牛乳、卵などがあります。

 

アルコールを飲む前に牛乳を飲むと良いなんて噂がありましたが、

ビタミンUの働きによるものかもしれません。

ビタミンUはカラダに摂り込まれてから2時間~3時間で粘膜の保護へと作用しますので、

「アルコールの前に牛乳だぜ!」を実践されている方は参考にして下さい。

 

 

食べ方は酢と合わせた生食がおすすめ!

野菜類は生で食べたほうが吸収率良いので是非サラダなどで食べて下さい。

その際は酸味の効いたポン酢やドレッシング、マヨネーズやレモン汁をかけて食べると、

酢が持つ消化促進作用も相まって胃腸に良く働きます。

 

ただ生食はカラダを冷やす効果がありますので、冷え性や元々胃が弱い人は

生食での摂取は避けた方がいいですね。

 

ちなみにビタミンUは水溶性なので、温めて食べるときは加熱し過ぎずに調理したり、

汁物は煮汁まで飲み干すと栄養が無駄になりにくいです。

 

ビタミンUは体内でも合成されていますが、

不足にならないように上記の食べ物から摂取することが大切です。

 

 

まとめ


ビタミンUは胃腸を保護し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防に働くため、

とくに予防したいという方は食べ物からの積極的な摂取がおすすめです。

 

またストレスが多い方や偏食の方も胃腸が傷つきやすいため、

食べ物からの意識的な摂取を心掛けることが非常に大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です