脂肪を燃やす働きがある「カルニチン」とは??

カルニチンは脂肪燃焼効果がある栄養素として有名ですよね。

今ではスポーツ飲料やサプリメント、健康食品にも利用されています。

 

今やカルニチンの脂肪燃焼効果への期待は大きなものとなっており、

とくにスポーツや筋トレ、ダイエットをしている方には、

欠かすことのできない栄養素になっています。

 

現在ではお馴染みのカルニチンですが、そもそもどのようなものなのでしょうか。

 

カルニチンとは??


カルニチンは肉エキスから発見されたアミノ酸の化合物で、

脂質の代謝にかかわる作用をもつことからビタミン様物質として分類されています。

 

 

主に動物性食品に含まれており、

植物性の食品にはごくわずかしか含まれていません。

 

同じアミノ酸である「リジン」と「メチオニン」によって

体内でも合成されています。

 

しかし体内での合成は年齢とともに減少するとされており、

加齢による「脂肪が蓄積しやすいカラダ」になるのは、

カルニチンが不足してくることが原因のひとつともされています。

 

また激しいスポーツや筋トレをする人もカルニチンは消費されやいとされ、

アメリカでは多めに摂取することが勧められています。(常識の範囲内で)

 

 

カルニチンの働きは??


体内の脂質は細胞内のミトコンドリアによって初めてエネルギーに変換されます。

 

食事で摂った脂質や体内に蓄積した脂肪を燃やす際に

遊離脂肪酸」という形になり血液中に溶けだしますが、

カルニチンはその遊離脂肪酸をミトコンドリアまで運ぶ役目をしてくれます。

 

なのでカルニチンをカラダに満たしておくことにで、

体内に蓄積した脂肪を効率的にエネルギーとして利用でき、

脂肪がつきにくいカラダづくりができます。

 

ただ「カルニチンを沢山摂取したからものすごく痩せた」

という事にはならないので注意が必要です。

 

カルニチンが体内に溢れかえっていても、

脂肪が遊離脂肪酸として血中に流れなければミトコンドリアまで運べません。

 

つまり適度な運動し脂肪を遊離脂肪酸に変えなければ、

大きな効果は期待できないということになります。

 

なのでカルニチンを使ったダイエットで確かな効果を実感したい方は、

摂取カロリーを見直し適度な運動をする必要があります。

 

 

つまりは、カルニチンを毎日しっかり摂り、カロリーオーバーの食事を避け、

適度な運動をすれば、しっかりと脂肪エネルギーとして消費されるということになります。

 

一方でカルニチンの不足すると脂肪からの効率的なエネルギー生成できないため、

肥満や慢性疲労、だるさなどを招きます。

 

とくに肥満は動脈硬化や生活習慣病の引き金になりますので注意が必要です。

 

カルニチンは加齢によって減少するので、ダイエットにかかわらず、

摂取することが大切です。

 

カルニチンを含む食べ物は??


カルニチンを含む食べ物として、

羊肉、牛肉、豚肉、鶏肉などの赤身部分に含まれています。

 

推奨される一日の摂取目安量100mg~1000mgとされています。

 

日本人の一日の平均摂取量が75mg体内の合成量が10mg程度とされています。

 

摂取量と合成量をあわせても85mg程なので最小の目安量に届きませんね。

 

またベジタリアンや偏食の方、ダイエットをしてる方などは、

摂取量がさらに減少するほか、加齢による合成量も減少する為、

実際の合計数はもっともっと低く、慢性的な不足が安易に予想できます。

 

カルニチンの不足を補うにはサプリメンが非常に有効になってきます。

その際は食前や運動前の30分~1時間前に摂取すると効果的に働いてくれます。

 

とくにスポーツや筋トレをしている方、

仕事で体を動かす方は大量のエネルギーが必要になるため、

意識的な摂取が大切です。

おすすめのサプリメントは??


実はカルニチンにはD型とL型がありますが、

D型の長期的な摂取は筋力低下を招くとされています。

 

カルニチンのサプリメントにはL型のしか含まれていないはずですが、

稀に激安で売られているサプリメントはどの様な工程で製造されてるか分からなく、

L型以外のものも混入されていることも否めません。なるべく避けた方が無難です。

 

ですので購入の際は信頼のできるメーカーのモノが管理体制も整い安心です。

おすすめはサプリメント先進国であるアメリカの有名メーカーです。

 

アメリカは健康製品の競争が非常に激しく、効果が薄く品質が悪いものはすぐさま淘汰されます。

有名メーカーの製品はそれほど実績があるというこうとですね。

 

またアメリカで販売されている商品はアメリカの政府機関である

FDA(米国食品医薬品局)が世界一厳しい基準でチェックしているため、

その基準を満たす商品は必然的に安全性が高いです。

 

アメリカサイズで容量も多く、また信頼できるメーカーはコチラ

 

・ドクターズベスト

[ お得サイズ ] ベスト Lカルニチン フマル酸塩 855mg

 

 

 

・NOW(ナウフーズ)

[ お得サイズ ] Lカルニチン 500mg

 

どちら180粒入りの大容量で1粒あたり500mgのL型のカルニチンが摂取できます。

1日2粒(1000mg)摂取しても90日分もあるのでコスパも良く非常におすすめです。

 

是非レビューなどを参考にして自分の生活スタイルに合う方を選んでみて下さい。

 

まとめ


脂肪燃焼に非常に有効とされるカルニチンですが、

食品からの摂取不足や合成量が減るため慢性的な不足になりがちですので

食事で摂れない分はサプリメントで補うのがおすすめです。

 

その際はご自身の食生活や運動量を考慮し、

継続的な摂取を心掛けることが健康なカラダづくりに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です