蓄膿症の予防には栄養摂取が大切!栄養不足に注意しよう!

鼻の詰まりがひどいと上手く呼吸ができないだけではなく、食事の匂いが分からなかったり、ぐっすり眠ることもままならないため、とてもストレスになります。

 

鼻づまりの原因の1つに蓄膿症がありますが、食の変化や不規則な生活によって、栄養の偏りやアレルギー性の鼻炎が増えていることもあって、現代人に多い症状になっています。

 

蓄膿症を防ぐには、栄養をバランスよく摂取して、ストレスや睡眠不足を避けることが大切です。

 

また、蓄膿症の症状を和らげてくれる可能性も期待できます。

 

今回ご紹介する栄養素をしっかり摂取して、蓄膿症の予防や改善に役立ててください!

 


蓄膿症の原因ってなに??


鼻は呼吸とともに入ってきた、ゴミや菌などといった異物を鼻水とともに体外へ排出する働きをします。

 

しかし、栄養不足や過度のストレスよって、免疫力や粘膜の働きが低下してしまうと、ゴミや菌をスムーズに排出できず、鼻の中に停滞してしまうことがあります。

 

その際、鼻の中が炎症を起こしてしまい、それが蓄膿症に繋がります。

 

栄養不足や栄養素の偏り、ストレス、睡眠不足、風邪、アレルギーによって、体内の免疫力や抵抗力が低下し、鼻の粘膜を弱らせてしまい、蓄膿症が発症する可能性が高まります。

 

1度蓄膿症になってしまうと再発するケースも少なくなく、再発が続くことによって慢性化する可能性も高くなります。

 

慢性化してしまうと、完治するのにお金も時間もかかってしまうため、しっかりとした予防や改善が必要になります。

 

 


蓄膿症の予防には栄養摂取が大切


蓄膿症を予防するには、生活習慣の見直しと、バランスのとれた栄養摂取です。

 

・まずは生活習慣の見直し!

 

先述した通り、ストレスと寝不足を避けることはもちろん、暴飲暴食に気をつけて適度な運動を取り入れていくことが大切です。

 

⇒免疫力と抵抗力を向上させる方法

 

体内の免疫力や抵抗力を低下させないためにもこれらを意識しておこなっていきましょう!

 

 

・理想的な食生活を心掛ける

蓄膿症の予防や改善に効果的な食生活を送るには、脂っこい食べ物や肉類を控え、大豆や魚からたんぱく質を摂取し、野菜を多く摂取しましょう。

 

たんぱく質は免疫細胞をつくるために必要ですので、動物性と植物性のたんぱく質をバランスよく摂取しましょう。

 

⇒足りないたんぱく質を補うプロテイン

 

また、粘膜の維持や抗酸化作用があるビタミンとミネラルも忘れずに摂取してくださいね!

 

ビタミンやミネラルが体内に満ちていると、細胞の生まれ変わりがスムーズになったり、たんぱく質をしっかり代謝してくれますので、蓄膿症の予防に効果的です。

 

また、コーヒーやアルコール、大量の糖質や喫煙などは、体内のビタミンやミネラルを大量に消費してしまうので、蓄膿症の予防や改善をするならば控えたほうが良さそうです。

 

⇒健康トラブルの原因は糖質の摂り過ぎ??

 

過度の食事制限ダイエットも、必要な栄養素の不足を招く恐れがありますので、十分な注意が必要です。

 

 


まとめ


免疫力や粘膜の弱まりによって蓄膿症になってしまうことがあるため、ちょっとした生活の乱れによって誰で発症してしまう可能性があります。

 

蓄膿症になると集中力の低下やストレスの原因に繋がってしまいます。

栄養バランスと規則正しい生活を心がけ、蓄膿症を予防していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です