血糖値の上昇を抑制する作用に期待ができる食物繊維「イヌリン」とは??

最近、糖尿病の予防や便秘の改善に効果的だと注目されている

イヌリン」という成分をご存知でしょうか?

 

普段はあまり耳にしない成分ですが、

「ためしてガッテン」などTVの健康番組でも取り上げられることも多いので、

健康に関心が高い方はご存知の方もいるかと思います。

 

今回はそんな「イヌリン」について掘り下げていきたいと思います。

 

 

イヌリンとは??


イヌリンは単糖類が複数結合した多糖類の一種です。

他の多糖類として米や麦に含まれるデンプンや、

糖質が体内にエネルギー源として蓄えるグリコーゲンなどがそれにあたります。

 

イヌリンは糖質であるため甘味料などにも使用されますが、

ヒトの消化酵素では消化、吸収できず体外に排泄されます。

 

また水に溶け、腸内でゲル状になることから、水溶性食物繊維に分類されています。

 

TVで紹介される際には「腸内善玉菌のエサになる成分」として紹介されるなど、

腸内環境を整える作用がある成分です。

 

主に菊芋やニンニク、ニラなどの野菜に多く含まれていて、

血糖値の下げてくれる作用があることから「天然のインスリン」とも呼ばれています。

 

 

イヌリンの働きは??


食事の際にイヌリンを一緒に摂取すると、

胃から小腸への食べ物の移動が緩やかになります。

 

その為、カラダに吸収される糖質のスピードも緩やかになり、

食後の急激な血糖値の上昇を抑制してくれます。

 

糖尿病はインスリンの作用や分泌量が減少し、

血液中の糖質がうまく処理できずに高血糖の状態が続く状態ですが、

現代人は糖質、脂質ともに過剰摂取になりがちで、

インスリンを生成する「すい臓」を酷使してしまうことや、

肥満になることでインスリン抵抗性になり糖尿病や予備軍が年々増加している傾向にあります。

 

イヌリンを摂取することにより糖質の吸収を抑え、すい臓への負担の軽減することで

糖尿病の予防に効果が期待できます。

 

またコレステロールが原料につくられる胆汁酸を排泄する働きもあるため、

血中コレステロールの減少にも作用し、

肥満の人がなりやすいとされるインスリン抵抗性や脂質異常症などの予防にも繋がります。

 

その他、イヌリンは腸内で「フラクトオリゴ糖」に分解されます。

 

フラクトオリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌を増やし

活発にする働きがあり、その整腸作用からトクホ(特定保健用食品)として

認められている成分です。

 

イヌリンは水溶性食物繊維とフラクトオリゴ糖の両方の働きがあることから、

大腸がんの予防やダイエット、便秘の予防や改善にも繋がるスーパーな食物繊維です。

 

 

イヌリンを含む食べ物は??


イヌリンを含む食べ物として、

菊芋、ニンニク、ゴボウ、ヤーコン、小麦、

ニラ、玉ねぎ、などがあります。

 

とくに菊芋はイヌリンの含有量が多く、効率的な摂取が期待できますが、

身近なところで流通してないことが多くあまりみかけることがありません。(残念)

 

比較的簡単に手に入るものとしてゴボウ、ニラ、ニンニク、玉ねぎなどがあります。

 

とくにゴボウは菊芋には及びませんがイヌリン含有量が多く、

不溶性の食物繊維でがんの抑制に働く「リグニン」も摂れるためおすすめです。

 

調理する際はささがきにするとリグニンが増えますのでこちらも合わせておすすめ致します。

 

食事で摂取が難しい場合のおすすめはコチラ



コチラはイヌリンをたっぷり含んだ菊芋を低温乾燥させてつくったモノで、

粉末タイプサプリメントタイプが選べます。

 

粉末の方はお米を炊く際に入れたり、カレー、ドレッシング、

お味噌汁などに入れて使用したり、お茶やコーヒー、ジュースに溶かして

使用できます。

 

サプリメントは食事とは別に手軽に摂取できるため不規則な食生活の方におすすめです。

外出先にも持っていきやすいので仕事で宿泊することが多い方にもいいですね。

 

 

まとめ

糖尿病や腸内環境の悪化は他の病気に繋がるので、

イヌリンを含むモノを摂取して予防や改善が非常に大切です。

 

また健康は日々の食生活でつくられていきますので、

暴飲暴食をさけてバランスの良い食事を心がけ、

心身ともに笑顔で過ごしていきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です