1日3食の食事でも危険!たんぱく質、ビタミン、ミネラル不足が招く「新型栄養失調」とは??

現代の日本は飽食の時代とも言われておりますが、

時間に追われることの多い現代人は食にかける時間が少なく、

ファストフードなどの糖質が多い食事が中心となっています。

 

それにともない、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの摂取量が相対的に減少しており、

肥満体質の方でも栄養不足に陥っていることも少なくありません。

 

現代では「〇〇や✖✖だけ毎日食べる」といった食生活が多く、

特定の栄養素が不足する「新型栄養失調」になっている方が増加しています。

 

「ためしてガッテン」や「世界一受けたい授業」などのTVでも取り上げられましたので、

ご覧になった方も多いと思います。

 

1日3食でもかかる新型栄養失調とは??


新型栄養失調とは1日3食しっかり食べているのに、

「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」が不足することによって起こる

現代版の栄養失調で、外見で判断することが困難なため、

隠れ栄養失調とも呼ばれています。

 

症状は不足しているものによって変わってきますが、

疲れがとれない状態が続いたり、筋力の低下が著しかったり、

転びやすくなるといった事が頻繁に起こります。

また、免疫力が低下するため風邪や病気にかかるリスクが上昇します。

 

 

 

新型栄養失調にかかりやすい食事のパターン


・長期にわたる偏食

毎日同じルーティンで行動していると食事も固定になることが多く、

「朝は〇〇だけ」「昼は△△だけ」「夜はお酒と✖✖とつまみ」、

といった偏った食事は、ビタミンやミネラルの不足を招きます。

ビタミンやミネラルはお互い作用し合って働くため、

偏食が長期間続くと、美容や健康に必要な働きが著しく低下する可能性があります。

 

・たんぱく質の不足

健康志向が定着してきた現代ではカロリーを控えることも多く、

野菜やスムージーだけで食事を完了する場合も多くなりました。

肉や魚、卵や大豆製品を摂取しないとたんぱく質が不足します。

 

たんぱく質はカラダの様々な構成成分なので不足すると、

健康や美容の著しい低下に繋がります。

また脂肪より筋肉が低下し太りやすいカラダになりますので、

たんぱく質を摂らないダイエットをしている方は注意が必要です。

 

プロテインでたんぱく質を摂取すると、

肉などに含まれる脂を気にせず効率的にたんぱく質を摂取できます。

 

⇒たんぱく質をプロテインで摂取する

 

・炭水化物(糖質)や脂質の過剰摂取

忙しい方にありがちですが、ファストフードやコンビニ弁当、

インスタント食品や小腹が減った時に手軽に食べられるスナック菓子などを

中心とした食事は糖質と脂質の過剰摂取に繋がります。

 

激しいスポーツやカラダを使った仕事をしている人には、

糖質の摂取は大切ですが、上記の食品は余分な脂質も摂取してしまうため、

ビタミンやミネラルの消費が増加します。

 

元々ビタミンやミネラルが不足している方は代謝が間に合わず、

新型栄養失調の悪化、肥満や病気のリスク上昇に繋がります。

 

 

新型栄養失調の症状


上記でもちょこちょこ書きましたが新型栄養失調は様々な症状を招きます。

 

まずたんぱく質の不足は筋肉量の低下に繋がり、

基礎代謝が落ちます。

脂肪が燃焼されづらくなり肥満にやりやすくなるほか、

冷えの原因となります。

 

また筋肉量の低下は姿勢の悪さにつながり、

肥満、肩や腰のコリ、睡眠障害を招きます。

 

その他では、爪の凸凹、肌荒れ、抜け毛に繋がります。

 

ビタミンやミネラルが不足すると生命活動に必要な体内酵素の、

構成や活性が行われず、糖質や脂肪が蓄積されやすくなります。

 

またカラダの機能が上手く働かなくなるため、

疲れがとれない、免疫力の低下、骨粗しょう症、無気力、筋力の低下、

血管の老化、精神異常に繋がります。

 

新型栄養失調の対策


新型栄養失調の対策としては、

不足しやすいとされるたんぱく質やビタミン、ミネラルといった栄養素を、

バランスよく摂取することが大切になってきます。

 

主食・主菜・副菜を意識して摂取することで、

栄養のバランスが取りやすくなるため、

食事の際は意識して摂取するのがおすすめです。

 

その日の気分や状況で食べたいものがあるとは思いますが、

その中でも彩りのあるものを選ぶようにすると、

幅広く栄養を摂取できますので栄養不足のときには効果的です。

 

ただ、それだけでは栄養不足の解消には難しため、

足りない分はサプリメントなどで上手に補うことがおすすめです。

その際、マルチビタミン&ミネラルを摂取すれば、

漏れなく栄養補給できますので是非活用してください。

 

 

まとめ


新型栄養失調はなかなか自覚症状がないため、

あまり気にしないで生活している方がほとんどだと思います。

 

隠れ栄養失調とも呼ばれるほどなので気付いたときには、

栄養不足が深刻化していることも予想されカラダに不調をきたすかもしれません。

 

カラダの不調がひどい時は我慢せず病院で診てもらうことが大切ですが、

そうなる前に毎日の食生活を見直して病気に強いカラダをつくることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です